• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】関ジャニ∞、今年度男性アーティストのアルバム最高初週売上

【オリコン】関ジャニ∞、今年度男性アーティストのアルバム最高初週売上

 人気グループ・関ジャニ∞のベストアルバム『GR8EST』(5月30日発売)が、初週で30万5187枚を売り上げ、6/11付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:5月28日〜6月3日)で初登場1位を獲得した。

 アルバム1位獲得は『KJ2 ズッコケ大脱走』(2007年6月発売)から10作連続通算10作目。売上枚数は、前々作『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』(15年11月発売、初週売上31.6万枚)、前作『ジャム』(17年6月発売、同32.7万枚)に続いて、3作連続アルバム初週売上30万枚超えを記録。また、ベストアルバムの前作『8EST』(12年10月発売)の初週売上29.8万枚を上回る好スタートとなった。

 今作の初週売上は、男性アーティストのアルバムとしてはBTS(防弾少年団)の『FACE YOURSELF』(4月4日発売)の初週28.2万枚を上回り、今年最高記録となった。

 本作は『8EST』から5年7ヶ月ぶりとなるベストアルバム。シングル表題曲21曲に加え、『8EST』にも収録されていたシングル「無責任ヒーロー」(08年10月発売)を東京スカパラダイスオーケストラがリアレンジし、バンドコラボレーションした「無責任ヒーロー jam with 東京スカパラダイスオーケストラ」、同じく「大阪ロマネスク」(06年6月発売)の新録バージョンでバイオリニスト葉加瀬太郎を迎えた「大阪ロマネスク feat.葉加瀬太郎」がボーナストラックとして収められている。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


オリコントピックス