• ホーム
  • 音楽
  • タワレコが未来型クリエイター育成 スクール事業開始

タワレコが未来型クリエイター育成 スクール事業開始

 タワーレコードが未来志向のクリエイターを育成・支援することを目的として、“オンライン”と“リアル”を組み合わせた“ハイブリッド型スクール”「TOWER CREATIVE ACADEMY(タワー・クリエイティブ・アカデミー)」をスタートさせることを5月24日、発表した。レコードショップによる音楽家養成スクールの開講は異例の試みと言える。

■5G時代へ向けた未来志向のエンタテインメント・クリエイターを育成

 第1弾は、「複数のクリエイターが自らの得意分野を生かし共同で楽曲を制作する」という、欧米では昨今、一般的になりつつある作曲手法「コーライティング」をテーマとした講座『オンラインツール活用による作曲法』と、建築物などへのプロジェクションマッピング、ライブイベントでのVJなどの映像を、複雑なコードを書くことなく制作できるソフトウエア「TouchDesigner」の基本的な操作方法を習得できる『TouchDesigner(入門編)』の2講座を本年7月より開講する。(※受講者募集は5月24日より開始)

 今回の2講座は、オーガナイザーを音楽プロデューサーの山口哲一氏が務め、スクール運営のノウハウ提供は、東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ株式会社(TCPL)の協力により実施。また、『オンラインツール活用による作曲法』講座では、オンライン上で複数の生徒が協力し、作曲を行う際に使用するオンラインコラボレーションツール「Co-Writing Studio」が株式会社クレオフーガより提供される。

 それぞれの講座の講師は以下のとおり。

『オンラインツール活用による作曲法』/講師:伊藤涼氏
 修二と彰『青春アミーゴ』のプロデュース、 ソングライターとして乃木坂46「走れBiycle」、 さらに安室奈美恵「Hope」ではコーライティングを活用するなど、長く日本の音楽シーンで活躍し続けている世界有数のコーライティングコーチ。

『TouchDesigner(入門編)』/講師:川村健一氏
 TouchDesignerを活用したプロジェクトを推進している電通アイソバー・シニアクリエイティブ・テクノロジスト。

 タワーレコードでは、音楽ならびにエンタテインメントの分野で学びを求めるすべての人に時間や空間を超えて学ぶ「場」と「機会」を提供すべく、今後もリアル、バーチャルのハイブリッド型でインタラクティブかつ、講座を多く開設していく予定だという。

 音楽ファンにもっとも近い場所にあるレコードショップから、5G時代へ向けた未来志向のエンタテイメント・クリエイターを育成するという今回のスクール事業。近年、インディーズシーンで新人アーティストの発掘・育成にも注力していたタワレコが、その視野をさらに拡大。今回のスクール事業からどのようなクリエイターが誕生するか、早くも期待が高まる。

■概要
「TOWER CREATIVE ACADEMY(タワー・クリエイティブ・アカデミー)」
◯主催:タワー・クリエイティブ・アカデミー(タワーレコード株式会社)
◯運営協力:東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ株式会社(TCPL)
◯企画協力:株式会社クレオフーガ
◯開催日時:第1回目:2018年7月1日13:00〜15:30
      第2回目:2018年8月5日12:30〜14:00
◯申込み受付:5月24日より以下URLにて申し込みを開始(http://tower.jp/creativeacademy)
◯会場:東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ
◯受講料:9000円(税込)
◯定員:36人(最小催行人数有り ※24人にて開講)



関連写真

  • 未来志向のクリエイターを育成・支援、タワーレコードがハイブリッド型のスクール『TOWER CREATIVE ACADEMY』をスタート
  • 『TOWER CREATIVE ACADEMY』で「オンラインツール活用による作曲法」の講師を務める伊藤涼氏
  • 『TOWER CREATIVE ACADEMY』で「TouchDesigner(入門編)」の講師を務める川村健一氏

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年10月22日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年10月22日号

<COVER STORY>
湯浅政明氏(アニメーション監督 サイエンスSARU 代表)
最大公約数の誰もがおもしろがれるところで
自分ができることを探りたい

<SPECIAL ISSUE>
「15th TIMM」開催、「ANiUTa」にも新たな動き
海外展開最新レポート

お問い合わせ

オリコントピックス