• ホーム
  • 音楽
  • キンプリ、デビュー曲が『花男』新章の主題歌に 平野紫耀「ぴったりな曲」

キンプリ、デビュー曲が『花男』新章の主題歌に 平野紫耀「ぴったりな曲」

 ジャニーズ事務所所属の6人組グループ・King & Princeのデビューシングル「シンデレラガール」(5月23日発売)が、4月17日にスタートするTBS系連続ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(毎週火曜 後10:00)の主題歌に決定した。

 メンバーの平野紫耀をはじめ、主演の杉咲花、俳優の中川大志ら若手注目株が集結するドラマを歌でも盛り上げる。21日放送された『CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2018』では同曲を初披露。スタジオには杉咲、中川が応援に駆けつけ、平野を激励した。

 ドラマ主題歌を担当することを自ら発表した平野は「『シンデレラガール』を初めて聴いたとき、“花のち晴れっぽいな”と思っていたので、主題歌に決まったと聞いたときはめちゃくちゃうれしかったです」と喜びを語り、「歌詞にフラワーや King & Prince が入っているのも、ドラマの世界観に合っていていいなぁと思いますし、ドラマにぴったりな曲だなと思います」と自信を込めた。

 さらに「“デビュー曲が主題歌になる”というのは相当珍しいことだと思うので、そんな稀なかたちでデビュー曲が使われるということに運命を感じますね。この曲を聴いたときに、ドラマのワンシーンや僕らの歌っている姿を思い浮かべてもらえたらうれしいです。『シンデレラガール』とドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』が、皆さんの心に残るような作品になったらいいなと思います」とアピールしていた。



オリコントピックス