• ホーム
  • 音楽
  • MR.BIGドラマー、パット・トーピーさん死去 64歳 パーキンソン病で闘病

MR.BIGドラマー、パット・トーピーさん死去 64歳 パーキンソン病で闘病

 米ロックバンド・MR.BIGのドラマー、パット・トーピーさんが7日、パーキンソン病による合併症のため64歳で亡くなった。2014年にパーキンソン病を公表しており、闘病中だった。

 トーピーさんは1989年、MR.BIGに加入。バンドは世界的な人気を博したが、ギターのポール・ギルバート脱退などメンバー交代を経て2002年に解散。その後、09年にオリジナルメンバーで再結成している。99年にはベースのビリー・シーンとともにB’zのアルバム『Brotherhood』に収録された「ギリギリchop(Version 51)」に参加するなど日本のアーティストとも交流があった。

 バンドの公式サイトでは「我々の兄弟・友人であり、(バンドの)設立メンバーであるパットが、パーキンソン病の合併症のため2月7日に亡くなったことを深い悲しみとともに伝えなければならない」とコメントを掲載。ビリー・シーンも自身のフェイスブックで「素晴らしい人格をもった人であり、世界最高のドラマーの一人。一緒に仕事ができたことを誇りに思う」と追悼した。



オリコントピックス