小沢健二、21年前の“幻の名曲”を初配信 峯田和伸との共演映像も公開

シンガー・ソングライターの小沢健二が活動休止直前の1997年にシングルのみで発売した楽曲「ある光」が、2日に配信を開始した。同曲は現在まで中古市場で高値で取引されるなどまさに“幻の名曲”で、実に21年ぶりの音源化となる。

「この線路を降りたら全ての時間が 魔法みたいに見えるか」という歌詞はその後の小沢自身を予見し...

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索