• ホーム
  • 音楽
  • 大地真央・瀧本美織の歌声で越路吹雪の名曲がよみがえる ドラマ主題歌集発売決定

大地真央・瀧本美織の歌声で越路吹雪の名曲がよみがえる ドラマ主題歌集発売決定

 テレビ朝日系帯ドラマ劇場第3弾として、8日からはじまる『越路吹雪物語』(月〜金 後0:30〜0:50)の主題歌を、ヒロイン・越路吹雪の絶頂期を演じる大地真央、青年期を演じる瀧本美織が、週替わりで担当。どの週に何の歌が主題歌として流れるのか、も楽しみの一つ。その音源を収録したアルバムもリリースされることが発表された。

 同ドラマは、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪(本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”)がたどった波乱万丈の人生と、盟友の作詞家・岩谷時子との濃密な友情を綴っていく。“落ちこぼれ”といわれた宝塚時代、生涯の友・時子との運命的な出会い、戦争を乗り越えた2人が二人三脚でトップスターへと駆け上がっていく軌跡を、昭和という激動の時代を背景に誰もが耳にしたことのある名曲の数々をちりばめながらドラマにしていく。

 大地と瀧本は、越路の代表曲であり、岩谷の訳詞で知られる「愛の讃歌」、「ラストダンスは私に」、「サン・トワ・マミー」、「ろくでなし」を、それぞれレコーディング。さらに、瀧本は宝塚歌劇団の愛唱歌「すみれの花咲く頃」、シャンソンの名曲「幸福を売る男」を、大地は越路吹雪の夫・内藤法美が作曲した「誰もいない海」、シャンソンの名曲「愛の幕切れ」を歌う。

 「ほとんどが初めて唄わせていただく曲だったのですが、どの曲も名曲だと改めて感じました。ドラマの主題歌で、そしてCDで楽しんでいただけたらうれしいです」と、大地がすすめるアルバム『「越路吹雪物語」主題歌集』は、3月7日発売。

 実は、レーディング中、瀧本が家族の一員として飼っていたウサギが亡くなったという連絡が入り、「レコーディング中だというのに思いきり泣いてしまった」ということがあった。そのショックを抱えたままレーディングしたのが「幸福を売る男」。特に思い入れのある1曲になったという。

 瀧本は「この歌の明るさに励まされ、心を込めて歌い切ることができました。私が彼になって歌っているようでも、彼に向けて歌うようでもありました。レコーディングし終わったばかりのこの曲をすぐ家族の元に送りました。一晩中愛兎に聴かせてくれたそうで、いい表情をして本当に聴いているみたいだったと聞いて、最期に会えなかったけど、歌で繋がっているような気がしてあぁ良かったなぁと思いました。人が幸せならそれでいいという無償の愛を感じる歌詞、愛を持って生きている人は強いと感じさせてくれるこの歌が私は大好きです」と語っていた。

■収録曲※曲順未定 
・愛の讃歌/大地真央
・ラストダンスは私に/大地真央
・サン・トワ・マミー/大地真央
・ろくでなし/大地真央
・誰もいない海/大地真央
・愛の幕切れ/大地真央
・愛の讃歌/瀧本美織
・ラストダンスは私に/瀧本美織
・サン・トワ・マミー/瀧本美織
・ろくでなし/瀧本美織
・すみれの花咲く頃/瀧本美織
・幸福を売る男/瀧本美織



オリコントピックス