• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】内村光良、安室出演を喜ぶ「本当にうれしい」

【紅白リハ】内村光良、安室出演を喜ぶ「本当にうれしい」

■『第68回NHK紅白歌合戦』リハーサル初日(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 40組以上のアーティストが音合わせを行うなか、総合司会の内村光良が、白組司会の二宮和也、紅組司会の有村架純と共に報道陣の取材に対応。特別枠で出演する安室奈美恵の話題になると、かねてより出演を熱望していた内村は「本当にうれしい」と笑顔で喜んだ。

【写真】その他の写真を見る


 内村といえば、1998年(第49回)にポケットビスケッツで出演。その年は、安室が産休から1年ぶりに復帰し、直接見たステージが強く印象に残っているという。今年は司会としてエールを送る立場となり「今年も立ち会えることに喜びを感じている」とほほ笑んだ。

 同じく特別枠で桑田佳祐が、連続テレビ小説『ひよっこ』(2017年4月〜9月)の主題歌「若い広場」を歌唱する。「桑田さんとも昔から縁がある」と話した内村は「また生で『若い広場』が聴ける!」。慣れない紅白の現場に恐縮しきりだったが「(オファーを)受けてよかった」と、目玉企画へ期待を膨らませていた。

 安室は、同局のリオデジャネイロ五輪テーマソング「Hero」を披露する。制作統括の矢島良CPは「持ち時間は『Hero』1曲分です。(出番は)約5分〜10分くらい」とし、演出等については「NHKホール以外の場所から歌唱します。メモリアルな空間から中継ということで、具体的な場所などの公表は控えさせて頂きます。放送を楽しみにしていただけたら」と明かしていた。



関連写真

  • 『第68回NHK紅白歌合戦』で総合司会を務める内村光良(C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した(左から)内村光良、有村架純(C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した(左から)内村光良、有村架純(C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』で紅組司会を務める有村架純

オリコントピックス