• ホーム
  • 音楽
  • 乃木坂46、初東京ドームで涙の誓い「もっとすごいところに連れて行きます」

乃木坂46、初東京ドームで涙の誓い「もっとすごいところに連れて行きます」

 人気アイドルグループ・乃木坂46が8日、自身初となる東京ドーム公演で全国ツアーの最終公演を開催した。2012年2月のデビューから5年8ヶ月でたどり着いた大舞台。ステージ裏の座席(通称・音席)までぎっしり埋め尽くされ、2日間計10万人の観客を熱狂させた。

【写真】その他の写真を見る


 これまでに幕張メッセイベントホール(13年2月、9000人)、代々木第一体育館(13年10月、1.2万人)、日本武道館(13年12月、1.2万人)、横浜アリーナ(14年2月、1.3万人)、明治神宮野球場(14年8月、3万人)、西武ドーム(15年2月、3.8万人)と着実に観客動員数を増やしてきた乃木坂46が、ついに東京ドームのステージにたどり着いた。

 ステージ裏までぎっしり満員。熱量のすさまじい乃木坂46ファンは、冒頭から地鳴りのようなコールを送り、激しく振られた色とりどりのペンライトはまるで点滅しているかのよう。西野七瀬が「東京ドーム、最高の時間にするぞー!」と叫ぶと、5万人の雄叫びがこだました。

 女子高生や警備員460人のフラッシュモブを交えた「制服のマネキン」からスタートし、「裸足でSummer」「太陽ノック」などヒット曲を連発。生駒里奈生田絵梨花星野みなみからなる“生生星”の懐かしい映像からデビュー曲「ぐるぐるカーテン」、この日「46回変顔をする」と宣言した2期生・堀未央奈がセンターの「バレッタ」、人気急上昇中の3期生による「三番目の風」にも大歓声が轟いた。

 乃木坂46を語る上で欠かせない、歴代アンダー(選抜メンバー以外)経験者全員集合のステージも用意された。センター経験もある堀、齋藤飛鳥ら一人ひとりが紹介されて花道先端の全面LEDのステージに上がると、既に卒業発表している伊藤万理華がセンターの「ここにいる理由」を披露。センターステージに移動すると、会場がピンク一色に包まれるなか、同じく卒業が決まっている中元日芽香センターの「君は僕と会わない方がよかったのかな」を歌唱。中元はマイクを通さずに「ありがとうございました」と気持ちを伝え、伊藤は「皆さん、乃木坂46は大好きですか? 私は大好きでーす!」と満面の笑みで叫んだ。

 本編ラストの曲を前に、白石麻衣は「こうやって東京ドームに立てていること、こんなにもステキな景色が見られてうれしく思いますし、皆さんをこのステージに連れて来られたことをうれしく思います。本当にありがとうございます」とファンに感謝。2011年8月、最年少13歳で加入した齋藤飛鳥は「私も10代最後の年を迎えています。まだ自分に自信は持てないけれど、私にとっては支えてくれる皆さん、メンバーのみんなが最大の自慢。そんな自慢の人たちとだったら、どこまでも上へ上へ登っていきたい。乃木坂はまだまだやりたいこと、やらなければならないことがたくさんあるので、さらなる高みに上っていけるように頑張ります」と決意表明し、最新シングル「いつかできるから今日できる」を熱唱した。

 6年の軌跡をかみしめるように、階段をゆっくりと登っていったメンバーは、セット頂上の天空ステージから会場を見渡し、晴れやかな表情。キャプテンの桜井玲香は「ここが終わりはないです、スタートだと思っています。これからもいろんな景色を一緒に見ましょう!」とファンと共に歩んでいくことを誓った。

 アンコール最後は恒例の「乃木坂の詩」。会場が一面、グループカラーの紫に染まり、ファンと一緒に大合唱した。メンバーが最後のあいさつで一礼し顔を上げると、スタンド席のファンがペンライトで「乃木坂46」「アリガトウ」の文字を作り、メンバーは大感激した。白石、西野が涙ぐみ、秋元真夏が号泣するなか、桜井は興奮気味に「東京ドームよりもっとすごいところありますよね。皆さんをもっとすごいところに連れて行きますので楽しみにしていてください」とさらなる飛躍を約束した。

 客電が点灯し、規制退場の案内が始まっても興奮冷めやらぬファンのコールが鳴り止まず、みたび登場したメンバーは、卒業する中元、伊藤の2人を囲み、「2人の人生にとって、いいきっかけになったら」との思いを込めて「きっかけ」を熱唱。涙をこらえながらあいさつした2人はつないだ手を掲げると、マイクを通さずに「ありがとうございました!」と絶叫。最後はバンザイしながら後ろで待ち構えていたメンバーの輪の中へと笑顔で飛び込んで行った。

◆開演前に移動カメラ落下事故説明

 なお、開演前には運営責任者が前日の公演で空中に張られたワイヤーを行き来していた移動カメラがアリーナ客席に落下した事故に関し、報道陣の質問に答えた。けがをした観客、関係各位に謝罪したうえで、会場のビジョン用に撮影していた重さ40キロのカメラが公演中、アリーナ中央より前の椅子に落下したことを説明した。

 けが人3人との報道があったが、運営側が把握し、応急手当をしたのは2人で、いずれも軽傷。事故の原因は「メーカーが調査中」とした。移動式カメラは1台のみで、2日目は撤去された。正式発表が8日の昼近くになったことに関しては、朝方までかかった現場検証を待ち、その後各社に戻って情報を整理し、対応を協議したためとした。メンバーにはこの後、運営から話すとの説明があった。

■乃木坂46『真夏の全国ツアー FINAL!』セットリスト
Overture
01. 制服のマネキン
02. 世界で一番 孤独なLover
03. 夏のFree&Easy
04. 裸足でSummer
05. 太陽ノック
06. ぐるぐるカーテン
07. バレッタ
08. 三番目の風
09. 思い出ファースト
10. 他の星から
11. でこぴん
12. あらかじめ語られるロマンス
13. ダンケシェーン
14. ハウス!
15. ここにいる理由
16. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
17. 君は僕と会わない方がよかったのかな
18. 生まれたままで
19. アンダー
20. My rule
21. 命は美しい
22. 逃げ水
23. インフルエンサー
24. 君の名は希望
25. 何度目の青空か?
26. いつかできるから今日できる
【アンコール】
27. おいでシャンプー
28. ロマンスのスタート
29. ガールズルール
30. 設定温度
31. 乃木坂の詩
【Wアンコール】
32. きっかけ



関連写真

  • 乃木坂46初期の顔「生生星」(左から)生田絵梨花、生駒里奈、星野みなみ
  • 初の東京ドーム公演を開催した乃木坂46(前列左から堀未央奈、西野七瀬、白石麻衣)
  • デビューから5年8ヶ月で大舞台を踏んだ乃木坂46の1期生(左から秋元真夏、衛藤美彩、白石麻衣、松村沙友理、高山一実)
  • 歴代アンダー経験者によるパフォーマンスも(左から)齋藤飛鳥、伊藤万理華
  • 歴代アンダー経験者によるパフォーマンスも
  • 初の東京ドーム公演を開催した乃木坂46
  • 乃木坂46の3期生も東京ドームで躍動
  • 初の東京ドーム公演を開催した乃木坂46
  • 初の東京ドーム公演を開催した乃木坂46(写真は「君の名は希望」でピアノ演奏した生田絵梨花)
  • 初の東京ドーム公演を開催した乃木坂46
  • セット頂上の天空ステージから東京ドームを見渡す乃木坂46

オリコントピックス