• ホーム
  • 音楽
  • 中森明菜、“異例中の異例”『紅白』映像DVD化 NHK出演シーン網羅

中森明菜、“異例中の異例”『紅白』映像DVD化 NHK出演シーン網羅

 50歳で50枚目のシングル「unfixable」を9月30日に発売する歌手・中森明菜が、過去のNHK出演映像を集約した4枚組DVDボックスを同時発売することが12日、わかった。過去に明菜が出場した『NHK紅白歌合戦』の歌唱シーンなどが網羅され、伝説のパフォーマンスが完全に蘇る。このタイミングでのDVD企画だけに、年末に向けて明菜の動向が注目されそうだ。

 50歳を迎えた第1弾の新曲タイトルが「unfixable(再生不能)」でファンを驚かせた明菜だが、前代未聞の映像商品の発売も計画していた。水面下で交渉を重ねた結果、12日までにNHKを含め、関係各社が発売に向けて正式合意した。

 『中森明菜 プレミアム BOX ルーカス 〜NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤング etc.』の内容は、過去に明菜が出演した『紅白』をはじめ、NHKの音楽番組『レッツゴーヤング』『ヤングスタジオ101』の秘蔵映像。関係者によると、出演時間は約400分にも及ぶといい、そのほぼ全てをDVD4枚組(価格2万円+消費税)に収録する。

 最も注目されるのは、『紅白』出演映像だ。『紅白』は権利問題などが複雑で、アーティストの出場場面が商品化されるケースはなかっただけに、今回は異例中の異例といえそう。

 明菜はデビュー翌年の83年から88年まで6年連続で出場、その後、02年に14年ぶりに復帰、そして昨年、12年ぶりに出場した。関係者は「『紅白』65回の中で明菜の出場回数はわずか8回だったが、毎年出場を望む声は多かった。ある意味で、彼女の存在感が『紅白』の中でも伝説になってきた」と証言する。

 『紅白』では一度も同じ曲を歌わず、「禁区」(83年)、「十戒(1984)」(84年)、「ミ・アモーレ」(85年)、「DESIRE -情熱-」(86年)、「難破船」(87年)、「I MISSED “THE SHOCK”」(88年)と、その年の代表曲を歌唱。さらに、02年の「飾りじゃないのよ涙は」(84年)、昨年歌った新曲「Rojo -Tierra-」を含め、今回のDVDには8回すべての歌唱シーンが網羅されており、関係者は「80年代の明菜が年代ごとに再現されている。それも『紅白』という大舞台の映像は、価値があるのではないか」と資料的価値も指摘する。

 発売日の9月末は、紅白の出場者がにわかに話題になる時期でもある。昨年は米ニューヨークのレコーディングスタジオから生中継での出場だったことから、今年は“生明菜”の復活を期待したいところだが、明菜サイドは「今回のDVD発売と、(今年の)紅白出場との因果関係は全くない」と冷静だ。

 ちなみに、明菜が最後にファンの前に立ったのは09年8月。「開港150周年」で盛り上がる横浜のライブハウス、横浜BLITZでのライブだった。気は早いが、もし、明菜が紅白でNHKホールに立てば、実に6年4ヶ月ぶりの生ステージとなる。




関連写真

  • 『NHK紅白歌合戦』歌唱シーンを異例のDVD化
  • NHK音楽番組出演シーンを網羅したDVDボックス発売決定

オリコントピックス