AKB倉持「この景色忘れない」 同期・大家の「既読無視」にあ然

 人気アイドルグループ・AKB48が2日、さいたまスーパーアリーナで行われている『AKB48真夏の単独コンサート』の2日目昼公演中に、今月17日の劇場公演をもって卒業を発表している倉持明日香(25)のセレモニーを開催。倉持は「夢はスポーツキャスターになって活躍することです。それが私にできる皆さんへの恩返しだと思っています」と改めて決意表明し、「倉持明日香のことを忘れないでください」と叫ぶと、1万4000人の観客も大声援で応えた。

 ライブ中盤、白い花冠に純白のドレス姿で登場した倉持は「桜の木になろう」をソロで披露。「8年前、父の反対を押し切ってアイドルの道に進みました。大切な仲間がいて、いつも応援してくださるファンの皆さんがいて、今こうしてこのステージでこの景色を見られている。私の8年間は決して間違っていなかったと心から言えます」と涙ながらにあいさつした。

 メンバーに囲まれ、自身がキャプテンを務めたチームBの公演曲「白いシャツ」、かつて所属したチームK公演曲「ファンレター」を熱唱した倉持は、同期の大家志津香、中田ちさとらメンバーと、しみじみとトーク。大家に卒業発表前日の夜、卒業報告のメールを入れたところ「まさかの既読無視」だったことを暴露した倉持は「同期だし、同じチームのキャプテンと副キャプテンで、同じ事務所で、ずっと仲良く歩んできたメンバーだと思っていたのに!」とたたみかけて笑わせた。

 倉持は本編終了前に改めて「こんな大きなところで一人でしゃべるのも緊張するんですけど、一人で歌わせていただいて、この景色は一生忘れないと思います。感謝の気持ちを込めて歌わせていただいて、すごく気持ちよかったです」とあいさつし、晴れやかな笑顔。

 同じチームの柏木由紀は「大きな会場でファンの皆さんとメンバーともっちぃ(倉持)のセレモニーができてよかった。私事ながら、感極まって泣きました」と言ってメンバーから珍しがられたほか、舞台裏では横山由依高橋みなみらも号泣していたことを明かし、誰からも愛される倉持らしい、涙あり、笑いありの心温まるセレモニーとなった。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索