• ホーム
  • 音楽
  • dヒッツ×FB連携で音楽シェア可能に 9月サービス開始へ

dヒッツ×FB連携で音楽シェア可能に 9月サービス開始へ

 NTTドコモとレコチョクは24日、都内で記者説明会を開き、両社が共同運営する定額制音楽配信サービス『dヒッツ』とフェイスブック(FB)の連携サービス機能を今年9月より開始することを発表した。

 同機能は『dヒッツ』に掲載されているお気に入りの楽曲をFBに投稿することで、自分の友人もFBのニュースフィード上で手軽に音楽を試聴できるというもの。ニュースフィード上で音楽を試聴できる日本初の機能で、音楽を共有することによりコミュニケーションを一層深めることが可能になる、としている。

 ドコモの前田義晃氏は「音楽をシェアして聴いてみたいという人を増やしていきたい。今後さまざまなソーシャルと連携しながら(音楽配信拡大の)機会をうかがっていきたい」と説明した。

 また、説明会ではドコモ、レコチョク、タワーレコードがタッグを組んだ、インディーズおよび新人アーティストを応援するプロジェクト『Eggs』が発表された。同プロジェクトは『Eggs』のサイト上、またはアプリ内に楽曲を投稿。そのリスナーのシェア数、投票数などによってランキング化し、人気の高いアーティストはタワーレコードからCD販売の権利を得ることができる。

 『dヒッツ』は最新楽曲を含む1000以上の「楽曲プログラム」が月額500円で利用できる定額制音楽配信サービス。「新曲」や「年代別」などプログラムを選び、それにマッチした曲を楽しめる。



タグ

オリコントピックス