TOKIO、20周年ライブに嵐らジャニーズ軍団乱入

 人気グループTOKIOが2日、東京・日本武道館で『TOKIO 20th Anniversary Live Tour HEART』最終公演を行った。1994年11月2日、20年前のこの日、同所でデビュー後初のライブを開催したTOKIO。記念すべき日に後輩である嵐の5人や生田斗真らをはじめとする豪華ジャニーズ軍団が祝福に駆けつけた。

 アンコールで長瀬智也は「きょうは20周年ツアーのファイナル。そりゃただでは帰さないでしょ!」と不敵な笑みを浮かべ「うれしいことに俺らの仲間も遊びに来てくれました! 彼らも15周年みたい!」と紹介すると会場の約1万3000人は騒然となった。

 長瀬の「愛してるぜ! 嵐!」を合図に、ライブTシャツを着用した客席のメンバーにスポットライトが照らされると大歓声が起こった。その後、TOKIOに呼ばれステージに登場した嵐の松本潤は「20周年おめでとうございます!」、二宮和也は「TOKIO最高!」と各々が祝福のコメントを寄せた。

 続いて歌われた「JUMBO」の最中にはTOKIOの呼びかけで、生田、KAT-TUNの上田竜也と中丸雄一、Hey!Say!JUMPの知念侑李と伊野尾慧、ふぉ〜ゆ〜の越岡裕貴、松崎祐介、福田悠太、辰巳雄大が次々にステージに登場。生田は「じゃあ、取材を早く終わらせようとする松岡君の真似やります!」とモノマネを披露し大爆笑を起こすと、超豪華メンバーがTOKIOとともにジャンプしながら会場を煽り、ボルテージを一気に急上昇させた。

 後輩たちが去った後も冷めやらぬ熱気のまま、TOKIOのメンバー紹介楽曲「城島 SONG 2014」を披露。曲の最後にはサプライズ企画としてくす玉が割れるも、垂れ幕が絡まり「20周年おめでとう!」と文字が見えないというハプニングも。5人は一生懸命タオルを投げて垂れ幕を直し、城島茂は「ウチららしくてええな〜」とほっこりまとめていた。

 今年は初の野外フェス参戦や日本テレビ系『24時間テレビ』で城島がマラソン完走など、特に活躍がめざましかったTOKIO。松岡昌宏は「このグループに必要なのは『継続は力なり』という言葉。これからも新しいTOKIOを見せられるように頑張ります」と宣言。山口達也は「もう2度と同じライブはできないけどまた会えるし、もっとお返ししようと思うから、これからも歩んでいきましょう」と投げかけ、国分太一は「TOKIOは5人だけでなくここにいる全員がTOKIO。その覚悟で一生ついてこい!」と男気あふれるコメントで沸かせた。

 さらに、Wアンコールではデビュー曲「LOVE YOU ONLY」をファンとともに大合唱するなど、最後まで盛り上がり続け、約3時間で23曲のステージが幕を閉じた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索