アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • KinKi Kids・剛、『堂本兄弟』最終回に感動 「“セメダイン”で涙止めた」

KinKi Kids・剛、『堂本兄弟』最終回に感動 「“セメダイン”で涙止めた」

 人気デュオ・KinKi Kids堂本剛が2日、東京国際フォーラムでライブツアー『FUNK 詩謡夏私乱』を開催。先月いっぱいで放送終了した番組『新堂本兄弟』について、「(最終回の)リハーサルでスタッフがずっと泣いていた。僕も泣きたかったけど、止まらなくなるので“セメダイン”で止めました」と、冗談交じりに最終回の内幕を明かし会場を盛り上げた。

 前身の『LOVE LOVE あいしてる』(1996年〜2001年)から数えて18年間、司会を務めた剛は「『LOVE LOVE〜』があって、吉田拓郎という人に会って、音楽を自分で作ることを学んだ」とこれまでの歩みをしみじみ回顧。「番組が終わってしまって、音楽を電波に乗せる機会は減りました。でも、生で音を鳴らし、見てくれている人に生音を届けたい思いはミュージシャンとしてあるわけです。そういう番組がまた減ってしまった」とやるせなさを吐露した。

 番組で歌と踊りを披露し話題になった脚本家・三谷幸喜からの「僕が踊る場所がなくなった」というメールをはじめ、「ミュージシャンの方、役者の方、たくさんの人からいろいろ(メッセージを)いただいた」と報告。さらに、「番組は終わってしまいましたが、始まり、そして終わっていくのが人生。また音楽番組ができるようになったら、みなさん、また遊びに来てください」と客席に呼びかけ、歓声を浴びた。

 この日は、「バラードはほとんどやりません」という宣言通り、“FUNK”づくしのレパートリーで「FUNKがしたいんだ どしても」など16曲を熱唱した。8月8日のなら100年会館大ホールを皮切りにスタートしたツアーも3日の東京公演をもって千秋楽。ツアー全体では3万2000人を動員する予定だ。



オリコントピックス