YOSHIKI、米G・グローブ賞のテーマ曲が2年連続起用 ソロ名義初のiTunes配信も

 ロックバンド・X JAPANYOSHIKIが作曲・プロデュースを手がけた、米国の映画・テレビの祭典『ゴールデン・グローブ賞』の公式テーマ曲が、2年連続で起用されることが20日、わかった。この快挙にYOSHIKIは「前回の授賞式の会場では、自分の曲が流れる度に緊張しておりましたが、今回は少しリラックスしてお酒が飲めると思います」と喜びのコメント。また、同楽曲がYOSHIKIソロ名義では初めてiTunesで全世界111ヶ国に配信されることも決定した。

 世界のアーティストを代表し、69回の歴史上初となるテーマ曲を作曲・プロデュースしたYOSHIKI。同アワードを象徴するような壮大なインストゥルメンタルがお披露目されるや、会場からは拍手が巻き起こり、全世界で注目を集めた。

 今年1月に開催した『第69回ゴールデン・グローブ賞』で会場に華を添えた同曲のタイトルは「Theme For The Golden Globe(ゴールデングローブのテーマ)」。YOSHIKIは「キーワードは、ハリウッドです。実は、最初に作った曲は、少しきれい過ぎるとの指摘があったのですが、関係者の方々にいろいろとお話をおうかがいながら、試行錯誤の上、このテーマ曲が完成しました。大変自信作です」と制作時の苦労や葛藤を振り返る。

 これまでYOSHIKIは、X JAPANとしてワールドワイドな活動を展開してきたほか、2002年開催の『愛・地球博』のイメージソング「I’ll Be Your Love」や、2009年の『天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典』にて天皇陛下御即位十年奉祝曲「Anniversary」などを作曲。この功績が評価され、同アワードを主催するハリウッド外国人記者協会から白羽の矢を受け、テーマ曲を完成させていた。

 『第70回ゴールデン・グローブ賞』授賞式は来年1月13日(現地時間)に開催予定。また、YOSHIKI名義初となる楽曲「Theme For The Golden Globe(ゴールデングローブのテーマ)」はワーナーミュージック・ジャパンより来年1月16日から配信予定。

関連写真

  • YOSHIKI  Photo by Jason MerrittGetty Images
  • ゴールデン・グローブ賞
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索