ジャスティン・ビーバーのレーベルからデビュー、カーリー・レイ・ジェプセン

 ジャスティン・ビーバーのレーベル「Schoolboy Records」初のアーティストとして話題の女性シンガー・ソングライター、カーリー・レイ・ジェプセンが、9月19日にアルバム『キス』でデビューする。

 カナダでは「2010 Juno Award」で最優秀ソングライター、最優秀新人賞にノミネートされるなど人気歌手となっているなか、満を持して発表されたシングル「コール・ミー・メイビー」は、全米デジタル・チャート、全英シングルチャート等で相次いで1位を獲得。この世界的な人気で注目したいのが、ネットのツールを駆使した展開だ。

 同曲は2000万人以上のフォロワーを有するジャスティンがTwitterで紹介したことで火がつき、その後、“カバーMV”が社会現象に。ジャスティンとセレーナ・ゴメス、ケイティ・ペリーらをはじめ、ロンドン・オリンピック出場の米競泳チームなど、6万以上の映像が作られ、日本でも浅田真央、村上佳菜子、小塚崇彦ら「THE ICE」出演のスケート選手が出演したMVが話題を集めている。

 ユニバーサル インターナショナル 制作編成本部 フロントライン・マーケティング・グループマネージャーの井口昌弥氏は、「彼女の魅力は何と言っても“楽曲”。これを日本に伝えていくために、ただストレートに聴かせるだけでなく、日本でも著名人にビデオにご登場いただき、SNS等でアピールしていきます」といい、すでにローラがブログで動画を発表。この施策を通して認知度がアップしていることに加えて、発売タイミングには来日も控えており、新人ながら好調な滑り出しが期待できそうだ。

関連写真

  • カナダのブリティッシュコロンビア生まれの女性シンガー・ソングライター、カーリー・レイ・ジェプセン
  • 9月19日に発売されるデビューアルバム『キス』
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる