• ホーム
  • 音楽
  • 前田敦子、AKB48卒業に万感「最高の7年間でした」

前田敦子、AKB48卒業に万感「最高の7年間でした」

 人気アイドルグループ・AKB48の“絶対的エース”前田敦子(21)の「卒業公演」が27日、ホームのAKB48劇場(東京・秋葉原)で行われた。競争率916.38倍のプレミアムチケットを手にした幸運な250人のファンに見守られるなか、1期生として14歳で加入した前田は万感の思いを込めて「最高の7年間でした」とあいさつ。公演前「昨日たくさん泣いたので、今日は笑顔で終われるんじゃないかな」と話した前田だったが「メンバーのみんな、秋元さんをはじめとするスタッフの皆さん、そしてファンの皆さんに出会えたことを誇りに思います」と話すと、こらえきれずに一筋の涙が頬をつたった。

【写真】その他の写真を見る


 7年越しの夢、東京ドーム3days公演で14万4000人を動員した翌日、前田をはじめ、高橋みなみ(21)、小嶋陽菜(24)、篠田麻里子(26)らが所属するチームAが、定員250人の劇場でいつものように公演をスタート。この日が最後となった定位置・センターポジションで躍動した。

 16人のメンバーでかみしめるように16曲のセットリストを歌いきったあと、グループ最大の功労者の卒業を盛大に送り出すため、ふだん劇場では共演しないチームKの大島優子(23)、板野友美(21)、峯岸みなみ(19)、チームBの柏木由紀(21)、渡辺麻友(18)、SKE48の松井珠理奈(15)、松井玲奈(21)、HKT48へ移籍した指原莉乃(19)らも駆けつけ、総勢28人で「あっちゃんセンター・ヒットメドレー」を披露した。

 メンバーがそれぞれに前田への思いを涙ながらに語り、大島は「ここまでAKB48を連れてきてくれてありがとうございました」と深々とお辞儀。「よきライバルでいてくれてありがとうございました」と続けると、前田は笑顔で受け止めた。

 2005年12月8日の劇場デビュー以来、センターポジションに立ってきた前田の在籍期間は6年8ヶ月19日。長い下積みを経て黄金期を築き、夢の東京ドーム3days公演を成功させたAKB48の第一章が終止符を打ち、明日から第二章がスタートする。



関連写真

  • 原点のAKB48劇場でAKB48を卒業した前田敦子 (C)AKS
  • “ライバル”大島優子と握手
  • 最後の“AKB48 前田敦子 ” (C)AKS
  • ファンの前であいさつする前田敦子 =「AKB48劇場 前田敦子卒業公演」の模様 (C)AKS
  • 「AKB48劇場 前田敦子卒業公演」の模様 (C)AKS
  • 「AKB48劇場 前田敦子卒業公演」の模様 (C)AKS
  • 前田敦子 最後の劇場公演 チームA「目撃者」公演の模様 (C)AKS
  • 前田敦子 最後の劇場公演 チームA「目撃者」公演の模様 (C)AKS
  • 前田敦子 最後の劇場公演 チームA「目撃者」公演の模様 (C)AKS
  • 前田敦子 最後の劇場公演 チームA「目撃者」公演の模様 (C)AKS
  • 前田敦子 最後の劇場公演 チームA「目撃者」公演の模様 (C)AKS

オリコントピックス