AKB大島2年ぶりセンター曲初披露 総選挙選抜新曲「ギンガムチェック」

 人気アイドルグループ・AKB48が14日、TBS系音楽特番『音楽の日』に生出演し、先月行われた総選挙上位16人の選抜メンバーが歌う27thシングル「ギンガムチェック」(8月29日発売)を初披露した。

 同番組で初公開されたタイトルどおり、白とブルーを基調としたギンガムチェックの衣装と白いサンダルで登場。総選挙1位の大島優子(23)が「ヘビーローテーション」(2010年8月発売)以来2年ぶり2回目のセンターに立ち、元気いっぱいにパフォーマンスした。

 グループ結成以来、“絶対的エース”として君臨してきた前田敦子(21)の卒業公演(8月27日、東京・AKB48劇場)直後に発売される新曲は、総選挙1位の大島をセンターに、2位の渡辺麻友(18)、13日にソロデビューを発表し、15日に21歳の誕生日を迎える3位の柏木由紀(20)が両脇を固める布陣。

 2年ぶりのセンターポジションで歌い終えた大島は、初披露に「やっぱり緊張します」と苦笑しながらも、自身が初センターを獲得した「ヘビーローテーション」を続けて歌い、さわやかな風を振りまいた。

 新体制初のシングルが前作「真夏のSounds good !」(5月発売・累積売上180.5万枚)で記録した歴代1位の初週売上161.7万枚を上回れるか、大いに注目される。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索