元AKB小野恵令奈、1年半ぶり再デビュー

 人気アイドルグループAKB48の元メンバー・小野恵令奈(18)が13日、ソロデビューシングル「えれぴょん」を発売し、神奈川・ラゾーナ川崎で発売記念イベントを行った。2010年9月にAKB卒業し、約1年半ぶりにステージに立った小野はイベント中に発売初日のオリコンデイリーランキングで2位に入ったことを知らされると両手で口元を覆って絶句。3000人の観客から「おめでとう!」コールで祝福され、えれぴょんスマイルを振りまき声援に応えていた。

 イベント前に報道陣の取材に応じた小野は、自身が手がけた歌詞について「夢、目標を持って生きていくことが大事。これから頑張るのでついてきてねというメッセージを込めました」と説明。AKB48のメンバーからも「いいね」と言ってもらえたと笑顔を見せた。

 自身も第1・2回に参加したAKB48選抜総選挙については「結果だけ見ました」と言葉少なにコメント。センターを奪還した元同期の大島優子には「私なんかがこんなことを言っていいのかわからない」と前置きしながらも「すごく芯の強い女性。これからもAKBを引っ張ってくれると思う」と話していた。



関連写真

  • 元AKB48・小野恵令奈 (C)ORICON DD inc.
  • パフォーマンスの模様 (C)ORICON DD inc.
  • 大勢のファンがデビューを祝福 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス