アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 小田和正、ソロ最多74万人動員ツアー完走 地元横浜で客席乱入!

小田和正、ソロ最多74万人動員ツアー完走 地元横浜で客席乱入!

 シンガー・ソングライターの小田和正(64)が26日、地元・横浜赤レンガパーク特設野外ステージで、1年におよぶ全国ツアーの最終公演を行った。全国31会場59公演で74万人を動員した小田は、自己記録(53万人)を軽々と超え、国内ソロアーティスト歴代最多動員数記録を樹立。アンコールで、小田には内緒で配布されたペンライトを1万2000人の観客が一斉に発光させてファイナルを祝福すると、ピンクの光の海に言葉を詰まらせ「ビックリしました!どうもありがとう」と目をうるませた。

 横浜のシンボル、マリンタワーやベイブリッジを臨む海沿いの特設会場に、左右150メートルの花道が出現した。そのセンターには直径12.6メートルの円形舞台。四方八方をファンに囲まれたステージがオープニングの「グッバイ」の始まりとともにゆっくりと360度回転し始めると、いきなり総立ちのファンがどよめき、大歓声が沸き起こった。

 自身初の試みとなった回転ステージ、そして、同所では制作困難な花道制作は「少しでもお客様の近くに、そして、どの方向でもステージを観ることができるように」と本人たっての希望で作られた。その思いを体現するように、2曲目の「ラブ・ストーリーは突然に」でいきなり客席に乱入。縦横無尽に練り歩きながら歌った小田は「あんまり攻めて来ないで!」「みんなの中に突入しようとした私がちょっと無謀だった」と言って笑わせた。

 野外で歌いたかったという「青い空」、オフコース時代の名曲「Yes-No」、地元横浜を歌った「my home town」、そして、ツアータイトルと同名の新曲「その日が来るまで」などを3時間以上にわたって熱演した小田は「今回のツアーは間違いなく、今までで一番意味深いツアーでした。全国各地でまた戻ってくると約束してきました。新しい曲を携えて、できるだけ早くみんなのところに行きたい」と近いうちの再会を約束。潮風に白いシャツをなびかせ「また会おうぜ!」と言い残すと、さっそうとステージを後にした。

■小田和正コンサートツアー『どーもどーも〜その日が来るまで〜』
 アルバム『どーも』(昨年4月発売・オリコン最高位1位)をひっさげ、昨年3月26日に開幕予定だった本ツアーは、東日本大震災の影響で1ヶ月半近く延期を余儀なくされ、昨年5月7日にスタート。5大ドーム8公演(札・東・名・大・福)、東北5県10公演(秋田、宮城、青森、岩手、福島)など31会場全59公演を1年かけて行った。



関連写真

  • 地元・横浜の海沿いの野外ステージで1万2000人を魅了した小田和正
  • 左右150メートルにおよぶ花道を何度も疾走!
タグ

オリコントピックス