アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【第30回JASRAC賞】AKB48が創設以来初の上位3作品独占

【第30回JASRAC賞】AKB48が創設以来初の上位3作品独占

 前年度における日本音楽著作権協会(JASRAC)の著作物使用料の分配額が多かった楽曲に贈られる第30回『2012年JASRAC賞』が23日に発表され、人気アイドルグループ・AKB48が国内作品で金賞「ヘビーローテーション」、銀賞「ポニーテールとシュシュ」、銅賞「Beginner」を受賞した。同じアーティストが上位3作品を独占するのは史上初めて。

 使用料の内訳は、CD、DVD、カラオケ、インタラクティブ配信(着うた、PC向け配信他)、出版など。AKB48は上位3曲だけでなく4位に「Everyday、カチューシャ」、6位に「会いたかった」と実にトップ10内に5曲を送り込む快進撃で、音楽業界全体での圧倒的な勢いを数字の上でも示した。上位3作品の作詞を手掛けた秋元康氏もトリプル受賞となり、これは1996年に小室哲哉が受賞して以来の快挙となった。

 そのほか海外の著作権管理団体からの入金が最も多かった国内作品「『ドラえもん』B.G.M.」に「国際賞」、分配額第1位の外国作品「SHALL WE DANCE」に「外国作品賞」がそれぞれ贈られた。

国内作品 ベスト10
金賞(1位) AKB48「ヘビーローテーション」
銀賞(2位) AKB48「ポニーテールとシュシュ」
銅賞(3位) AKB48「Beginner」
4位 AKB48「Everyday、カチューシャ」
5位 いきものがかり「ありがとう」
6位 AKB48「会いたかった」
7位 EXILE「もっと強く」
8位 EXILE「I Wish For You」
9位 『ワンピース』の背景音楽
10位 「ゲバゲバ90分!のテーマ」



関連写真

  • 第30回『2012年JASRAC賞』の国内作品で金賞に輝いたAKB48の「ヘビーローテション」(写真は通常版)
  • AKB48が出席した贈賞式の模様 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス