AKB新曲MVは34分超“ワケあり”衝撃作 杉田成道監督が描く人間ドラマ

人気アイドルグループ・AKB48がバンド演奏に初挑戦した新曲「GIVE ME FIVE!」(2月15日発売)のミュージックビデオが27日、初公開された。名作ドラマ『北の国から』シリーズの杉田成道監督が初めて手がけたMVは、AKB史上最長となる34分超えの長編ドラマ仕立て。前田敦子、大島優子、高橋みなみ、柏木由紀の4人が“ワケあり”の定時制高生を演じ、親の離婚、借金返済、いじめのトラウマなどに苦悩、葛藤する人間ドラマを描いた。

舞台は定時制高校。両親が離婚、離ればなれに暮らす弟を思いながら、昼は酒浸りの父親に代わってバイトに勤しむ尾形敦子(前田)、いじめられていた過去のト...

この記事の画像

  • AKB48がバンド演奏する新曲「GIVE ME FIVE!」MVより
  • 担任の国語教師・マムシ(陣内孝則)の勧めでバンドを結成する
  • ラーメン屋で働きながら定時制高校に通う尾形敦子役を演じる前田敦子
  • 親の借金返済のため年齢を偽ってキャバクラで働く大沢優子役の大島優子は涙の熱演
  • いじめられていた過去にトラウマを持つ小林由紀役を演じる柏木由紀
  • ケンカっ早く何事も長続きしない市川みなみ役を演じる高橋みなみ
  • 卒業式の日、晴れの舞台に立ったメンバーは会心のハイタッチを交わす

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索