アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 5周年を迎えバンドの表現力も向上 KANA-BOONのミニアルバムに見る“歌”へのこだわり

5周年を迎えバンドの表現力も向上 KANA-BOONのミニアルバムに見る“歌”へのこだわり

 メジャーデビュー5周年を迎えるKANA-BOONが、ミニアルバム『アスター』を5月30日に発売。生々しい情感を描き出した本作は、次なるステージへと向かおうとしている彼らの心情が映し出されている。

力強さと感情的な歌の表現を持つロックバンドに

 9月にメジャーデビュー5周年を迎える KANA-BOON。「5シーズン・5リリース・5イベント」と題されたアニバーサリー企画の第1弾として、3月14日にシングルのC/Wを中心とした『KBB vol.1』とミュージックビデオを収めた映像作品『KANA-BOON MOVIE 05 / KB CLIPS 〜サナギからもぞもぞ編〜』を発売。さらに3月21日からはメンバーの地元、大阪の三国ヶ丘FUZZで5日間連続ライブを開催した。
「三国ヶ丘FUZZは結成当初からライブをやっていた場所なので、かなり懐かしかったです。成長した姿を見せたかったので、リハーサルから緊張しましたね」(古賀隼斗)
「当時は何も考えずにライブをやっていましたからね(笑)。FUZZ の店長に“上手くなった”と言ってもらえてよかったです」(小泉貴裕)
「インディーズの頃を知らないお客さんも“当時もこんな雰囲気でライブをやってたんだろうな”と感じてくれたと思います」(飯田祐馬)

「FUZZのライブは“5年間がんばってきました”という恩返しの意味もあって。ここからは、いまの自分たちを示さないといけないと思っています」という谷口鮪。その言葉通り、新作は現在の KANA-BOON のモードが強く示された作品となった。“夏”“恋愛”をテーマにした本作には「彷徨う日々とファンファーレ」や「アスター」など5曲を収録。生々しい情感を描き出す楽曲には、デビュー当初の“高速の4つ打ち”のイメージとは違う、歌としての魅力が込められている。
「『NAMiDA』に引き続き、身の周りのこと、自分自身のリアルな感情を歌うことが増えてますね。“どんなに落ち込んだ1日があったとしても、明日に希望を抱くことはやめられない”というテーマが多いんですが、それも自分らしいと思っています。音楽を始めたときから“聴いてくれる人を元気にさせたい”という気持ちがあって。それがようやく具体的な形になってきたのかなと」(谷口)

 楽曲や歌詞の変化に伴い、バンドの表現力も向上。アレンジ、プリプロの際も楽曲に含まれた感情をどう伝えるか? という意識が徹底されているという。
「たとえば『線香花火』では、曲のなかに物語を付けるようなベースラインを考えて。思ったようにいかず悔しい思いもしましたが、挑戦して良かったと思います」(飯田)
「ドラムテックの方に“ただ演奏しているだけではつまらない”と指摘されて。自分なりに感情を込めるように工夫しました」(小泉)
「『夏蝉の音』ではギターソロで感情を表現しようと思って。鮪に“何か違う”と言われながら、かなり苦戦しましたね」(古賀)

5周年目で心境の変化も新たなフェーズへ突入

 5月末から6月にかけてASIAN KUNG-FU GENERATION、ORANGE RANGE、フジファブリックを招いた東名阪の対バンツアーを開催。「“楽しかった”だけではなく、あとで振り返ったときに“あのライブがあったから、がんばれた”と思えるライブにしたい」(谷口)というこのツアーをきっかけにして、5周年のアニバーサリーはさらに充実したものになりそうだ。
「制作も続いているし、デビュー以来、いまがいちばん大変かもしれないです(笑)。ただ、しっかり前を向けているので、心は澄んでいます。思うようにいかないことだったり、もがくこともあるけれど、それを受け止めて進んでいける強さを持てるようになったというか。もっと落ち込んでもいいし、傷ついてもいい。いまは最終的に確かなものがつかめればいいと思えるようになりましたね。まずは 5 周年の活動にパワーを注いで“もう何も出ない”というところまでやり切りたいです」(谷口)

2013年にメジャーデビューし、一気にバンドシーンを駆け上がったKANA-BOON。その後、楽曲、ライブの両面で試行錯誤を繰り返しながら、ロックバンドとしての力強さと感情的な歌の表現を身につけた 4 人は、ここから新しいフェーズに突入するはず。日本のロックシーンを代表する存在になれるか、この後が本当の勝負の時期と言えるだろう。
KANA-BOON オフィシャルサイト(外部サイト)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年12月10日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年12月10日号

<COVER STORY>
石川恵子氏(ソニー・ミュージックエンタテインメントコーポレートSVP)
「多様化するビジネスに対応する体制作りと
皆がチャンスを得て活躍できる組織を目指す」

<SPECIAL ISSUE>
ライブで大人を楽しませる方法
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.18

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!