流行りモノ調査隊
#158
注目のキーワード(更新日:2013/02/25)

流行りモノ調査隊 『牛乳石鹸』

注目の理由
 近年、美容や健康への配慮から、ストレスフリーな商品を求める傾向が高まっているが、特に肌に直接接するスキンケアやボディケア商品ではその傾向が顕著。そんな中、無添加の商品が増えていることで、固形石けんの見直しも進んでいる。固形石けんといえば、“赤箱”と“青箱”の「牛乳石鹸」を思い浮かべる人も多いのでは?実際、固形石けんのシェア1企業であり、創業100年以上の歴史を誇る。その「牛乳石鹸」の工場を見学できるプレスツアーがあるということなので、早速調査に向かった!
今回の調査内容 ・ ・

「赤箱」誕生85周年!パッケージもリニューアル!

最新のパッケージには、
赤箱の文字が記載されている。

最新のパッケージには、赤箱の文字が記載されている。

これが以前のパッケージ。

これが以前のパッケージ。
 最近ではボディソープやハンドソープを使っている人も多いが、お風呂や手洗いといえば“石けん”と考える人も少なくはないだろう。そして、石けんといえば、乳牛のイラストのちょっとレトロな赤と青の“あの箱”を想像する人も多いのでは?

 牛乳石鹸共進社で製造されている、通称「赤箱」と「青箱」は、長きにわたり人々に愛されてきた。なんと赤箱は、今年で発売から85周年を迎える超ロングセラー。そして、今年約20年ぶりにパッケージのリニューアルが行われた。今までのパッケージにはなかった“赤箱”の文字が入ったのだ。

 そういえば、牛乳石鹸は体にやさしいという話を聞いたことがあるが、それはなぜなのだろうか?作り方に秘密でもあるのか?これは調べてみるしかない。早速調査に向かった!

NEXT