流行りモノ調査隊 流行りモノ調査隊
#021 今週の急上昇キーワード(更新日:2007/12/11)
『ブロ友』
PAGE: 1 | 2 | 3 | プレゼント
急上昇の理由
 その手軽さや利便性から多くの人々に受け入れられたブログ。現在では10代〜30代の年代の人々が中心となって、日々様々なエントリー(投稿)がされている。ブログの浸透に伴い、他のブログのユーザー(ブロガー)との交流が活発になり、ブログをきっかけにした新たな交友関係を築く人々も急激に増加している。インターネットの利点を生かし距離や時間を越えて、共通の趣味や話題を共有したり、ひとつの物を作り上げたり、実際に会わないからこそ、話せる相談をしたり、バーチャルな文化を自然と受け入れている人々が増えている。複数のブログサービスを横断してコミュニケーションをはかるツール等も増えてきている事でブログから発展する新たなコミュニケーションに注目が集まっているようである。
今回の調査内容
ブロ友って何?
あし@の舞台裏に潜入!
あし@社長に直談判!
プレゼント応募方法プレゼントあり
ブロ友って何?
いる36%/いない64%
インターネット上のみの付き合い(ブログ、SNS、コミュニティなどのつながり)で親しい人がいますか?
ここ10年で強烈な進歩を遂げたインターネット社会。一昔前までは、メディアといえばTV・新聞・雑誌・ラジオなどの企業が運営するマスメディアが大半を占めていた。しかし、インターネットの発達、インターネット上のサービスが向上した事により、個人のサイト(ブログやコミュニティ)も大きなウェイトを占めるようになっている。インターネットの利点を生かし距離や時間を超えて、共通の趣味や話題を共有したり、実際に会わないからこそ話せる相談をしたりと、新しいコミュニケーションも生まれている。

 10代の中高生〜40代の人々を対象に行ったオリコンの調査では、なんと30%を超える人々が「インターネット上のみの付き合いで親しい人がいる」と答える結果となった。

 のっけから固い文章になってしまったが、今回はインターネット上で「ブログやコミュニティを通した友人」、名づけて「ブロ友」についてスポットを当てたいと思う。「何故、今更ブログ?」と思われるかも知れないが、その経緯について少しお話しよう。

 事の発端は、当サイト「RANKING NEWS」のスタッフが綴るブログ、「通称:編集部ブログ」である。10月の終わりに始まった編集部ブログであるが、設立当初の目的は以下のような物であった。(編集部ブログをまだ読んでいない方はコチラから

 ・RANKING NEWSの更新情報を分かりやすく紹介
 ・流行りモノ調査隊の取材のウラ側、面白エピソードを紹介
 ・編集部ブログだけのお得情報を掲載!
 ・読者の皆さんと少しでも仲良くなる!

という物でした。
設置から1ヶ月以上が経ちましたが、読まれていない&コメント付かない!!・・・|||orz

編集部ブログアクセス数
一日に数十名の方だけが読みに来てくれている状況。

 最初は毎日更新を目指しましたが、筆者を含めてブログ更新に手が回らず更新日が歯抜け状態に。デザインテンプレートを変えてみたもののそれ程効果は無く、読みに来て頂ける方はほんの僅か。そこで事態を重く見たY部長が口を開いたのです。

Y部長:「ガッキーのブログに負けて、このままでいいのか!?」

筆者:「・・・・・はぁ、ガッキーですか。」

Y部長:「ガッキーのブログに勝つ方法を調査してこい!」

と、まぁいつもの無理難題なワケですが、確かにこのままで良いとも思わず調査を開始し、結果の一部が冒頭のグラフである。

  筆者には「このブログだけは絶対見たい!」と思うブログが思いつかず、何を参考にしようか考えた末、「読みたくなるブログの要素ランキング」を作ればイイんじゃん!という、何とも単純な考えに行き着く。多くの人が「こういうブログが見たい!」という意見を参考にすれば、読まれるブログになるのではないでしょうか!?それでは早速、「読みたくなるブログの要素ランキング」をご覧頂きましょう。

読みたくなるブログの要素ランキング
1位 自分の興味のある分野の情報が掲載されている 66.2%
2位 文章が分かりやすい・面白い 53.7%
3位 頻繁に更新される 47.5%
4位 最新の情報が載っている 26.6%
5位 筆者の人となりがわかる(プロフィールや写真など) 17.9%
6位 デザインが良い 16.6%
7位 面白いブログパーツやツールが設置されている 5.7%
8位 その他 1.5%
その他 特に、読みたくなるブログ、お友達登録したくなるブログの要素はない 17.4%

 結果を参考にすると、このようなブログが好まれるようだ。編集部ブログを盛り上げる為に、必要な施策が見えてきたではないか!

  1位の「ブログテーマ」的な物については、「流行」 でいいだろう。編集部では現在「流行りモノ調査隊」に力を入れているので、ここは譲れない。流行に敏感な人は多そうだし、悪くなさそうだ。

 2位の「分かりやすい文章」についても問題ない(と思っている)。その根拠は以前に「文章が分かりやすくて良いです。」というご意見を読者から頂いたからだ!心に残る名句は無理だが、何となく読み捨てる文章なら任せてくれ!

 しかし「面白い文章」については微妙だろうか?筆者は元々文章を専業としてきたわけではないので、セミナーなどで補強したいとは思っていたトコロだ。3位以降は耳が痛いトコロを突かれている。

 ・頻繁な更新と最新の情報を掲載。
 ・ブログを記述する人のプロフィールを充実。
 ・デザインの改修。
 ・ブログパーツやツールも補強。

と、言ったトコロが課題になると思われる。

  筆者は取材に出かける関係で、終日社外にいる場合もある。頻繁な更新を目指すのであれば、他のスタッフに協力を呼びかける必要がありそうだ。どうやって他スタッフのモチベーションを上げるかが鍵ではあるが・・・。

  「顔が見えるブログ」という観点から、プロフィールの充実もしなければならない。できれば、顔写真つきで掲載したいが、インターネットに顔を出すのは皆消極的のようである。筆者など体験レポートがある為、顔を出さない選択肢は無かったというのに・・・。

  デザインについても変えたいのは山々であるが、どんなデザインがいいのか全く検討がつかない。困った・・・。そんな事を考えながら、色々なブログを巡っていたトコロ、面白そうなツールを発見した。その名も「あし@」というサービスだ。これで4つ目にあげたポイントは解消できるかも知れない!

  調べてみると中々面白いサービスだったのでここで紹介したい。ブロガーの皆様の参考になれば幸いである。

 あし@は簡単に言ってしまうと、あし@の会員になれば「誰がいつ訪れたのか」が分かるようになるようである。文字通り「足跡」がつく仕組みである。その他、アクセスアップが期待できたり、伝言板やメッセージサービスが利用できるようになるようだ。

 ブログ提供会社ごとに「新着記事」や「新着ブログ」が紹介されていると思うが、このあし@の会員になるとあし@会員の中でのランキングになるので、複数のブログ提供会社を横断して多くのブロガーに自分のブログをアピールできるようである。ブログをお持ちの読者は、是非設置してみて欲しい。そして編集部ブログを「読者登録&お友達申請」をして下さい!!

 ここでフッと思いついてしまったのだが、これだけ沢山のブログを見ているあし@の開発スタッフなら、「読まれるブログ」についても何か知っているだろう。それをコッソリ教えてもらったりできないだろうか・・・


今「あし@」の会員になると、i-Pod touchやDSが当たる!!応募はコチラから!!
オリコン流行りモノ調査隊のコミュニティが誕生!
オリコン流行りモノ調査隊コミュニティ/コミュニティ参加方法についてはコチラ>>
あし@
NEXT
PAGE: 1 | 2 | 3 | プレゼント