• ホーム
  • 音楽
  • Silent Siren『個性溢れる2ndアルバム制作&“読モバンド”の葛藤に迫った』

Silent Siren『個性溢れる2ndアルバム制作&“読モバンド”の葛藤に迫った』

Silent Sirenが、メジャー2ndアルバム『31Wonderland』を2月12日にリリースした。個性溢れるさまざまなトラックを詰め込んだ同作は、メンバー自身も確かな手応えを感じる出来ばえ。また、メジャーデビュー1周年を記念し、これまでの道のりを振り返ってもらうと、“読モバンド”であるがゆえの葛藤が浮かび上がった。

全員が作詞を担当、個性溢れる“自信作”が完成するまで

――いろんな気持ちになれるアルバムですね! 1stアルバムに比べてリミッターが取っ払われたというか。
すぅ(Vo&G)はい。すごく満足のいくアルバムになりました。
ひなんちゅ(Dr)かわいい曲やロックな曲、ミドルバラードまでいろんな曲があるので、ライブでやっても絶対に飽きないし盛り上がるアルバムだなって思いますね。曲自体も曲順もライブを意識しているんですよ。
ゆかるん(Key)どの曲も違う景色が浮かんでくるし、いろんな表情のサイサイを感じてもらえるんじゃないかな。
すぅ今回はメンバーみんなが作詞をしているので個性が出たなって思うし、曲自体のレベルもアップしましたね。
あいにゃん(Ba)やりたかったことができているから、技術面もアップしているのかな? と思います。

――作詞に関して言えば、ひなんちゅの振り幅が広いなと。恋する女の子応援ソング「LOVE FIGHTER!」から、心がポッとあったかくなる「マイルストーン」まで。
すぅ普段のひなんちゅは「マイルストーン」だよね。「LOVE FIGHTER!」な部分はちょっとだけ。
ひなんちゅ(笑)。「マイルストーン」は今まで作詞をした中で一番時間がかかった曲なんです。スローテンポなので、言葉を当てはめるのがすごく難しくて。それに伝えたいことが明確だった分、どういう言い回しにしたらいいのか、言葉選びをすごく考えた曲でもあります。たとえば最初のブロックで<あの景色>、<その場所>という言葉を使ったのは、敢えて自分の中の景色を言わずに、聴いた人に委ねたいと思ったからなんですよね。

――私もすごく共感しました……。じゃあ、すぅちゃんの思い入れのある曲は?
すぅどの曲にも思い入れはあるんですけど、「Delay」ですね。その歌詞の一節に出てくること、私にはよくあるんです。自分らしさって何だろう? って思ったときにつまずいてしまうことがあって。それはきっと、日常の中でみんなも思うことがあるのかなと思って。でも、そんな自分を見ていてくれる人はいるから、ちゃんと自分を信じて生きてほしいなという想いで書きました。

――ゆかるんの「ぐるぐるワンダーランド」はかわいい! すごくファンタジーですね。
ゆかるん初めて作詞をした曲です。私、恋をした瞬間から“自分が主人公の物語が始まる”と感じるので、表現もファンタジーにしてみました。雨を<虹色ドロップ>とか、車を<イチゴの馬車>に例えたり、楽しくかわいく自分の世界を表現できたかな? と思います。
あいにゃんゆかるんワールド炸裂だよね。
ひなんちゅこの曲を聴いて一番心に残ったのは、<いいじゃん!>とか<やだ!やだ!もう!>とか、みんなで歌えるフレーズが多いところ。ライブで一緒に歌ってもらえる曲って良いですよね。
ゆかるんサビのところで、みんなでタオルをグルグル回すんですよ。前回のツアーで初披露したんですけど、お客さんも初めて聴くのに一緒にグルグル回してくれて。かけ声も一緒に言えるし、一体感を感じられる曲になったのは嬉しいな。

――あいにゃんの「Are you Ready?」は、私の歌かと思いました。
あいにゃん(笑)。きっと<山積み原稿>とか<止まらない電話>とかですよね?

――<散らかった部屋>とかも。
あいにゃん取材のときに“共感する”って言っていただけると嬉しいです。ライブでストレス発散してほしいですね!

――この曲、ファンキーですよね〜。ボトムラインがスゴイな。
あいにゃん今回初めて間奏でソロパートを入れたんです。みんなだいぶ時間をかけて録ったし、私自身もスラップを初めて取り入れて弾いたりと、挑戦をした曲ですね。自分で作詞をしたのもあって、こだわりや思い入れは深いです。

――私は個人的に「Limited」のスリリングなサウンドが好き!
すぅ乗りやすいロックチューンですよね。ライブでも好評で、メンバーも気持ち良さそうに演奏しているので好きです。歌詞も、曲を聴いたときから伝えたいことが定まっていました。
ひなんちゅ演奏的には「Limited」が一番好きです! 楽しいですね。

“読モバンド”という肩書きとの葛藤

――ところでみなさん、12年11月のメジャーデビューから早いもので1年が経ちましたね。当時と現在とで一番変わったと思うのはどんなところ?
ひなんちゅ私たちって“こういうバンド”というモノが明確にあるグループではないんです。それが、デビュー曲の「Sweet Pop!」を出すことによって、かわいくてキャッチーなバンドと思われても悔しいし、かと言って1枚目から「Limited」みたいな曲を出して「アイドルがロックやってるよ」と思われるのも嫌だし……。どうしても、ポップでかわいいバンドと思われがちだと思うので、いろんな葛藤があったんです。でも、リリースしてきて、3枚目の「ビーサン」くらいでやっと本格的にバンドとして認識されるようになってきて。SHIBUYA-AXをソールドアウトできたり、周りの方のサイサイを見る目が変わってきたと思うんですよ。

――うんうん。
ひなんちゅバンド好きな男の子や女の子が、しっかりひとつのバンドとして聴いてくれるようになったんですよね。最初は本当に「読者モデルのあいにゃんがバンドやってるから見に行こう」とか、そういう感じだったと思うんですよね。でもだんだんと“サイサイの音楽”として聴いてくれる人が増えたので、これまで以上にいろんなことに挑戦できるようになりました。例えば、「雨降りフリル」とか「Limited」とか、「アンチノミー」みたいな曲も、そういう変化があってできるようになったんじゃないかな。

――最初はやっぱり“読モだし……”っていう世間の見方が多かったんですね?
ひなんちゅそうですね。もちろん、“読モバンド”ってキャッチーで武器にもなると思いますけど、やっぱり自分たちの中では葛藤もありましたね。
あいにゃんシングルとかだと、よりそういうイメージがつきやすいですしね。でも、アルバムになると自分たちのやりたいことができるし、何よりもファンの方たちがついてきてくれるだろうっていう自信がついたので、本当に自分たちが良いと思ったことをやれるようになりました。

――サイサイは実力が伴っているからね。
ひなんちゅ練習は必ず最優先でやっています。練習だけは怠りたくないし、カッコいい曲をカッコよく演奏できるように、自分たちのスキルを上げないとなっていつも思ってます。きっと、みなさんが思っている以上に体育会系ですよ(笑)

――そして3月からは春ツアーが始まります。ファイナルは日比谷野外音楽堂! サイサイは着実にステップアップしてますね。
すぅ野音ってすごく神聖な場所というイメージがあるので、そこでライブができるのは嬉しいです。そのほかの会場はライブハウスなので、野外ってどうなるんだろう? 雨が降ったら? っていう不安もあるんですけど(笑)、それが“やってやるぜ!”というやる気につながっています。
あいにゃんいろんな演出もできそうだし、楽しみだね。

――という2014年、サイサイの目標は?
ひなんちゅ昨年と同様に、ずっと駆け抜ける1年になると思います。私たちは日本武道館のステージに立つという目標に向かっているので、春ツアーもソールドアウトできれば、全部で1万人くらいの動員になるので、武道館も夢じゃないですよね。だからまずは春ツアーを成功させて、そこからまた1つひとつの目標をクリアしながら駆け抜けていきます。
(文:三沢千晶)

関連リンク

【フォトギャラリー】メンバーソロショットも★
【前作インタビュー】4人の恋愛観が暴かれる!?
【コラム】注目バンド“サイサイ”って?
プロフィール/CD売上げランキング
公式サイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!