• ホーム
  • 音楽
  • Wエンジン×ニコラス・エドワーズ対談! 日本の歌がうますぎる美男子シンガー登場!!

Wエンジン×ニコラス・エドワーズ対談! 日本の歌がうますぎる美男子シンガー登場!!

 音楽好きのWエンジンによる『WエンジンのMusic Engine(ミュージック エンジン)』。今回は、オレゴン州ポートランド出身で5オクターブの美声を持つシンガーのニコラス・エドワーズが登場。テレビ番組『のどじまんTHEワールド!』(日本テレビ系)に出演した際に、“世界一日本の歌がうまい美しすぎる声とルックスの外国人”として話題となったニコラスの魅力にWエンジンが迫る。

ニコラスが日本で驚いたことって!? トークだけじゃなく漢字も激ウマ!!

ポートランド出身の24歳、日本語で歌うきっかけはコブクロの「蕾」

えとう窓口『WエンジンのMusic Enjine(ミュージック エンジン)』今回のゲストはニコラス・エドワーズさんで〜す!
ニコラス・エドワーズよろしくお願いします!
えとうカッコイイ〜! おいくつですか?
ニコラスいま24歳で年男なんです。
チャンカワイ年男なんて言葉よくご存知ですね。僕も年男で申年なんです。
ニコラスI love year the monkey!
チャンセンキュー! ところでポートランドの学校では日本の文化を学んでたの?
ニコラスアジア圏の文化についての授業があったので干支についても教わりました。
えとうオレゴン州ポートランド出身ですよね?
ニコラスはい。17歳まで住んでました。
えとうちょっと一言いいですか? 日本語上手いね!!!
ニコラスThank you!!
チャン17歳までポートランドにいたとは思えないです。
ニコラス日本語を勉強し始めて10年、来日してから6年経ちます。
チャンえとうさんのほうがニコラスさんの日本語より数百倍聞き取りにくいですから。
えとうお恥ずかしいです。
ニコラス僕、中学生の頃やんちゃだったんですけど、その時の担任の先生に「日本語が面白そうだから勉強しようと思ってるんです」と言ったら、鼻で笑われて。それが悔しかったので必死で勉強してやろうと。そして勉強していくうちに日本の歌と出会って、歌だけじゃなく日本の文化の魅力にハマっていきました。
えとうで、来日してから日本のテレビにも出演して日本テレビ系『のどじまん THE ワールド』連続14回出演、最多優勝3回って凄いですよね。優勝したときに歌った、レミオロメンの「粉雪」、サザンオールスターズの「TSUNAMI」、玉置浩二さんの「メロディー」という選曲がまた素敵ですよね!
ニコラス初めて日本語の曲を聴いたのがコブクロさんの「蕾」だったんですけど、丁寧に歌詞が伝わるように歌っていて衝撃を受けました。当時は全く日本語を話せない状態だったんですけど、僕が経験したことや感じたことを世の中に伝えていけたらいいなと思うきっかけになったというか。
チャンどういう風に日本語を覚えていったんですか?
ニコラス好きな日本の曲の歌詞を英語に訳したりして勉強していきました。楽しみながら覚えるのが一番の上達方法だと思ったんですよね。日本の歌に出会えてなかったら、いま支えてくださってるスタッフさんや応援してくださるファンの方にも出会えてなかったので、日本の歌に出会えたことに感謝しています。
えとう24歳とは思えないほど大人だし、日本人より日本人らしいよね。
チャン謙虚ですよね〜。イマドキの24歳なんて会話中に髪の毛いじくってる子もいますから!

ニコラスもビックリ! 大家さんに注意されたエピソードとは!?

えとう“日本に来て驚いたこと”を教えてください!! 動画で「パンケーキの位置付け」、「ファストフードのMENU」というのが出てきましたが、ほかには?
ニコラス「ゴミの分別」。もちろんリサイクルの分別はわかるんですけど、可燃と不燃がいまだによくわからなくて……。たまに間違えると大家さんにゴミを家の前まで戻されるんです(笑)。
チャン中身を調べて戻してくるんだ(笑)。
ニコラスはい(笑)。大家さんとは仲良しなんですけどね。
えとう大家さんは、ニックがアーティストということは知ってるの?
ニコラス応援はしてくれてるんですけど、それはそれ、これはこれという感じで(笑)。でも、だからって分別やらなくてもいいですと見逃してもらうほうが嫌なので。そう言えば、先日父親がうちに泊まりにきて、部屋を掃除してゴミをたくさん捨ててくれたんです。そしたら、そのゴミをめっちゃ戻されて傷ついてました(笑)。
えとう悲しい!(笑)。ちなみにニックは、日本の食べ物で何が好きですか?
ニコラスたこわさですね。
チャンたこわさ?
ニコラス軟骨の唐揚げも捨てがたい! 夜ご飯はお酒を美味しく飲むためのです。
チャン日本で20歳を迎えたから、つまみが日本っぽい食べ物なんや!
えとうすごく親しみやすい!

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!