• ホーム
  • 芸能
  • 木村拓哉、SMAP肩書き外れ心境「変わったという感覚ない」

木村拓哉、SMAP肩書き外れ心境「変わったという感覚ない」

 昨年12月31日をもって解散したSMAP木村拓哉(44)が6日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM『木村拓哉のWhat's up SMAP!』(毎週金曜 後11:00)に出演。1月から「SMAP」の表記が外れ活動していくことに「大きく変わったという感覚はない」と心境を語った。

 番組ではまず、SMAP解散までのファンの声援に「去年の年末までファンの皆さんがSMAPというものをみんなの記憶に残そうとしてくださって、その結果、記憶だけじゃなくて、とんでもない記録にも結びついてほんとに感謝しています」と改めてお礼。

 続けて「事実上は、僕自身は、単純に木村拓哉ですっていう表記しかなくなりましたからね。SMAPの木村拓哉ではなくなったていうのが、どこか、正月とはいえ冷静になって考えていたというのはある」と実際に解散を迎えた心境を語り、「じっとして考えていても何も変わらねえなって思って、(正月は)ひたすら体動かしてました」と年始の生活を明かした。

 また「気持ちが変わった部分ていうのは…、根底の部分では変わっているのかもしれないけど、大きな視覚・視野が変わったという感覚はまったくない」とし、「実感がわかない部分も正直あるんですけど、自分ひとりじゃなくて、現場の皆さんの力を借りていろんなものを作り上げていきたいと思いいます」と今後へ決意を新たにした。

 SMAP元メンバーのラジオレギュラーは、稲垣吾郎(43)の文化放送の番組が『編集長 稲垣吾郎』(毎週木曜 後9:00)、草なぎ剛(42)と香取慎吾(39)のbayfmの番組が『ShinTsuyo POWER SPLASH』(毎週日曜 後7:00)にタイトルを変更。中居正広(44)のニッポン放送の番組は『中居正広 ON & ON AIR』(毎週土曜 後11:00)に変更され、7日に初のオンエアを迎える。



オリコントピックス