• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】セクゾン、先輩・SMAPに感謝「追いつけ追い越せの精神で飛躍したい」

【紅白リハ】セクゾン、先輩・SMAPに感謝「追いつけ追い越せの精神で飛躍したい」

■『第67回紅白歌合戦』リハーサル2日目(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 4回目の出場となるSexy Zoneの5人は「よびすて 紅白 ’16」を披露する。音合わせを終え、取材に対応した中島健人(22)は「プレッシャーですけど、一年で積み上げて出場できることに感謝を感じながらセクシーなドリームを届けたい」と意気込みを語った。

 菊池風磨(21)も「個々がそれぞれ活躍した一年だけど、5人の結束は強く固まった。その最後として紅白のステージでパフォーマンスを見せられるのはうれしい」と感慨深げに一年を回顧した。

 4回目のステージだが「慣れない。これからも慣れることはないと思う」と恐縮気味に口を揃えたメンバーたち。佐藤勝利(20)が「今年はバックダンサーを付けずに5人の大人っぽさがすごい出てると思う」と見どころを明かすと、髪型をイメチェンし、メンバーからも好評を受けた松島聡(19)は「ターンが特に大人っぽい」とアピールした。

 今年の漢字を「進」と掲げ、グループとしても個人としても成長した一年となった。最年少のマリウス葉(16)は「一番成長したこと? 身長ですね、今は183センチです。デビュー当時は150センチちょいでした」と笑顔で告白。司会を務める相葉雅紀とも話したといい「すごい緊張していました」と裏側を明かした。

 また、今年は同事務所の先輩・SMAPが紅白に出場せずに年内で解散する。菊池は「大好きな先輩でめちゃくちゃ尊敬している先輩。いろんなことを学ばせていただいた」と感謝の気持ちを口にし「僕らだけではなく、全国民の皆さんにとってもSMAPは永遠にSMAP。これからも追いつけ追い越せの精神で飛躍したい」と前を向いた。

 『紅白歌合戦』では今年から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、老若男女を問わず、さまざまな人々の夢を「歌の力」で応援する。

★『第67回 NHK紅白歌合戦』関連記事★

【全出場歌手&曲順】嵐が初大トリ、トップバッターは関ジャニ∞
【紅白審査員】新垣結衣、高畑充希ら リオ五輪メダリストや大谷翔平選手も
【特集】プロデューサーが明かす…今年の見どころは? 
【随時更新中】紅白最新ニュース一覧

【フォトギャラリー】
AAAや星野源の“恋ダンス”など…リハーサルの模様
欅坂46や桐谷健太ら…出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス