• ホーム
  • 音楽
  • E-girls/DreamのErie、年内で芸能界引退「15年目の節目」

E-girls/DreamのErie、年内で芸能界引退「15年目の節目」

 E-girlsとしても活動する女性4人組グループ・DreamErie(29)が、年内をもって芸能界を引退することが28日、わかった。グループの公式サイトで発表された。

 Erieは公式サイトで「私は年内をもって芸能界を引退する事を決意いたしました。突然のご報告となってしまい誠に申し訳ありません」と報告。

 引退を決めた経緯については「Dreamは来年の7月7日で15周年を迎える事となります。この15年目という大きな節目を迎える中で、今自分がいる環境から大きく一歩外へ出て人生をゼロから歩み、自分の足でしっかりと立てるようにチャレンジしてみたいと思う様になりました」と説明。

 「15年目を迎えるならおばあちゃんになるまでDreamを続けるか……新たな人生にチャレンジするならこの15年目という節目のタイミングしかないと思いメンバーに相談させて頂きました」と明かした。

 2002年にDreamのメンバーとしてデビューしたErieは「私は14歳から『芸能界』という世界の中でしか育ってきていないので、ここからが本当の意味での『勉強』であり『試練』であると思っています」と覚悟したうえで「これから歩む新しい人生では、昔からの一つの夢でもあった留学へチャレンジしたり、何歳になってもチャレンジする事を忘れず、とにかくしっかりと地に足をつけて自立出来る人間になっていきたいと思っております」と決意表明した。

 公式サイトではShizuka(28)、Aya(29)、Ami(28)もそれぞれコメントを発表。Shizukaは「これから過ごす場所や形が変わっても、ErieちゃんはずっとDreamには変わりないです」としたうえで、今後のDreamについては「一生懸命3人で力を合わせて活動させていただきたいと思っています」とつづっている。



オリコントピックス