• ホーム
  • 芸能
  • カトパン、初の著書でアナ人生の転機告白 さんまの金言に「ハッと気付かされた」

カトパン、初の著書でアナ人生の転機告白 さんまの金言に「ハッと気付かされた」

 フリーアナウンサーの加藤綾子(31)が、自身初の著書『あさえがお』(小学館)を来月に発売することが20日、わかった。自分を元気づけてくれた33の言葉とともに、半生を振り返る内容となっているが「どんなことを伝えられるんだろうっていう不安感はありますが、自分でも見られたくない部分を出しているので、見てほしいです」と呼びかけている。

【写真】その他の写真を見る


 同書内で紹介される言葉は、両親、明石家さんま(61)、吉田松陰などといったバラエティー豊かな構成。入社2年目の2009年から出演しているフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』では、開始当初にさんまから“アナウンサーの極意”を学んだといい「こういう人っていうイメージにあてはめようと、がんじがらめになって何でもない返しをしてしまったら、さんまさんから『何やねん、お前カッコつけて!』って言われて、それでハッと気付かされました」としみじみ。

 さんま流のアドバイスで「番組進行っていう軸はブレてはいけないけど、もうちょっと自分を出してもいいのかなって思うようになった」という加藤アナは、それを機に思い切った言動や好みのタイプなどをぶっちゃけるなど、積極的に番組のトークへ参加。ブラックマヨネーズ、マツコ・デラックスといった共演者たちのアシストにも支えられながら“笑い”を生み出すことも多くなったそうで「その時に、さんまさんから『それでいいんだよ』って言ってもらった気がしましたね」と目を輝かせた。

 同書では、今まであまり語ってこなかった自らの過去についても触れているようで「幼少期の頃は、表舞台に出られないような部分もあった」と告白。具体的な内容は、本文中に書かれているようで「小さい時の経験は、知られたくない部分というか隠したいもので、思い出して泣きそうになったりもしましたが、同じ悩みを抱えている人たちにとって少しでも力になれば…」と呼びかけた。

 著書のタイトルも、今年4月に卒業した『めざましテレビ』(月〜金 前5:25)で、長年にわたって“朝の顔”として視聴者に笑顔を届けてきた加藤アナらしいものとなっているが、当の本人も「この本を読んで『そういうことで笑顔になれるな』と思っていただけたら、いいなと思っています」と満足げな表情。表紙の写真では“大人っぽい表情”を浮かべているが「ちょっとセクシーなものを選びました。アナウンサーとしてじゃない部分も見ていただけたらと…」と笑顔でアピールしていた。



関連写真

  • 自身初の著書『あさえがお』を出版する加藤綾子アナウンサー
  • カトパン初の著書『あさえがお』のカット写真
  • カトパン初の著書『あさえがお』のカット写真
  • カトパン初の著書『あさえがお』のカット写真

オリコントピックス