• ホーム
  • 音楽
  • 新人“看護師”歌手・瀬川あやか、GENKINGとタッグ「私にはもったいない」

新人“看護師”歌手・瀬川あやか、GENKINGとタッグ「私にはもったいない」

 タレントのGENKINGが、あす15日にメジャーデビューする現役看護師シンガー・ソングライター瀬川あやかのビジュアルプロデューサーを務めたことが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 北海道富良野市出身の瀬川は、昼間は看護師として都内で勤務、それ以外の時間でアーティスト活動を精力的にこなす“歌う白衣の天使”。大学1年の時に友人の勧めで出場したミスキャンパスコンテストでは、154センチと小柄ながらも準ミスグランプリを獲得した経歴を持つ。

 GENKINGは瀬川のメジャーデビューシングル「夢日和」(15日発売)のビジュアルプロデュースを担当。打ち合わせから撮影に至るまで参加し、タイトルに含まれる「夢」というキーワードから、つかむとパッと消えてしまうようなはかなさがある「雲」をイメージ。色合い、雲に見立てたギターのモコモコ感、ポージングなど、GENKINGのアイデアをふんだん盛り込んだ。

 瀬川は「アイデアをたくさんいただき、私にはもったいないくらい素敵な作品ができました。そういった意味でも特別で最高で大切なデビューシングルです。GENKINGさん本当にありがとうございます」と感謝しきり。瀬川とGENKINGのやりとりは、初回限定盤の特典DVDにオフショットとして収録される。

 16日からは全国各地でリリースイベントを開催。27日には東京・渋谷Loop Annexでアコースティックのワンマンライブも決定している。デビュー後も看護師の仕事を続ける瀬川の今後の夢は、「アーティストとして大きな舞台に立つことはもちろん、いつか老人ホームや養護施設を回って喜ばれるような存在になり、いろんな施設で歌を届けること」という。

■瀬川あやか「夢日和」発売記念イベント(ミニライブ&サイン会)
6月16日(木):東京・TOWERmini東京駅八重洲口店
6月17日(金):愛知・タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
6月18日(土):北海道・サッポロファクトリー
6月20日(月):東京・HMV & BOOKS TOKYO
6月23日(木):大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店
6月27日(土):埼玉・レイクタウンmori 1F木の広場



関連写真

  • 瀬川あやかデビューシングル「夢日和」(通常盤)ジャケット
  • 瀬川あやかデビューシングル「夢日和」(初回盤)ジャケット
  • 瀬川あやかのビジュアルプロデュースを手がけたGENKING
  • GENKINGがビジュアルプロデュースした瀬川あやかのアーティスト写真

オリコントピックス