• ホーム
  • 芸能
  • 橋田壽賀子氏、転倒で顔面負傷「ひどい顔です」

橋田壽賀子氏、転倒で顔面負傷「ひどい顔です」

 脚本家の橋田壽賀子氏(91)が10日、都内で行われた『第24回橋田賞』に出席。左のこめかみ辺りに、絆創膏を張って登場した橋田氏は「5月2日に転びまして、思い切り(コンクリートに)ぶつかりました。90になって転ぶとなかなか治りにくいと言いますが、ひどい顔です」と説明した。

【写真】その他の写真を見る


 橋田氏は式の冒頭に「本当は私が理事長なんで、賞状とかあげないといけないんですけど、すごいあざなんで、そういう顔で賞状をあげてもかえって縁起が良くないと思いました」とあいさつ。続けて、鴨下信一理事が代理で表彰を行い、自身はコメントのみに徹することを明かすと「本当に申し訳ないと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。ごめんなさい…」と語っていた。

 橋田賞は、今年で24回目を迎え、橋田氏が理事を務める橋田文化財団が主催し、「日本人の心や人と人とのふれあいを温かく取り上げてきた番組と人物」を顕彰。「橋田賞大賞」は5年連続で「該当なし」だった。また、公募による「橋田賞新人脚本賞」には108篇の応募があり、3作品が佳作に選出されたが、入選作は「該当なし」だった。

【橋田賞受賞作品・受賞者】
■橋田賞大賞:該当なし

■橋田賞
TBSテレビ60周年特別企画『天皇の料理番』(TBS)
連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)
脚本家・大森美香:連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)の脚本を担当
脚本家・古沢良太:ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(フジテレビ)の脚本を担当
女優・岸本加世子:『居酒屋もへじ』(TBS)をはじめ、これまでのテレビドラマでの活躍に対して
俳優・佐藤健:TBSテレビ60周年特別企画『天皇の料理番』(TBS)での演技に対して
俳優・鈴木亮平:TBSテレビ60周年特別企画『天皇の料理番』(TBS)での演技に対して

■橋田新人賞
女優・吉田羊:ドラマ『コウノドリ』(TBS)での演技をはじめとする本年度の活躍に対して

■橋田賞特別賞
女優・三田佳子:華やかな存在感のある演技で、長年に亘りテレビドラマに貢献してきた功績に対して

■橋田賞新人脚本賞
入選作:該当なし
佳作:『ガラパゴスの朝』堀脇れいく(48歳・大阪市)
佳作:『東京の嫁』塚橋一道(45歳・東京都)
佳作:『夏越し』木庭純理(45歳・東京都)



関連写真

  • 転倒し顔面を負傷した橋田壽賀子 (C)ORICON NewS inc.
  • 転倒し顔面を負傷した橋田壽賀子 (C)ORICON NewS inc.
  • 転倒し顔面を負傷した橋田壽賀子 (C)ORICON NewS inc.
  • 転倒し顔面を負傷した橋田壽賀子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス