• ホーム
  • 芸能
  • 高橋尚子、バラエティー番組MC 2度目の挑戦「ゴールがどこかわからない」

高橋尚子、バラエティー番組MC 2度目の挑戦「ゴールがどこかわからない」

 “Qちゃん”ことシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子がメインを務める単発バラエティー『Qちゃんに見せたい!厳しい世界』が、テレビ朝日系で4月2日(後4:00〜5:30※一部地域を除く)に放送される。バラエティー番組の司会を務めるのは、同局系で昨年10月3日に放送された『わかってください! 涙の人生ソングショー』以来、半年ぶり2回目。

 高橋は「陸上だと順位やタイムなど、わかりやすいところで充実感を味わうことができるのですが、MCのお仕事はゴール地点がどこかわからなくて…走るよりも緊張しました(笑)」とそう簡単に慣れるものではないようだが、「“私でいいのかな”と毎回思うのですが、またこういう機会をいただくことがあれば、頑張りたいと思います!」と意欲を示していた。

 今回は、シビアな世界に身を置き、ストイックに奮闘する人々を紹介する番組。プロボートレーサー養成学校、山岳警備隊、修行僧の3つの知られざる世界で潜入取材を敢行。彼らはなぜこんなにも頑張るのか。“ゆとり世代”や“草食男子”などの言葉にも表されるとおり、“積極的に頑張らないタイプ”が増えている昨今、まるで時代と逆行するかのように厳しい世界に生きる人々の姿から、現代社会を生き抜くために必要なことを考える。スタジオでは、フリーアナウンサーの徳光和夫吉本新喜劇小籔千豊が高橋を盛りたてる。

 4月から新生活がはじまる人々に向けて、高橋は「厳しくなければ成長はない。厳しいことは自分を輝かせるためのひとつのチャレンジなんだと感じれば、もっと強く、輝く人になれるはず! そういう前向きな気持ちで乗り切ってもらいたい」とエールを送っている。



関連写真

  • 元マラソン選手の高橋尚子が司会のバラエティー番組『Qちゃんに見せたい!厳しい世界』テレビ朝日で4月2日放送(C)テレビ朝日
  • バラエティー番組の司会を務めるのは半年ぶり回目(C)テレビ朝日
  • フリーアナウンサーの徳光和夫(右)と吉本新喜劇の小籔千豊(左)も出演(C)テレビ朝日

オリコントピックス