• ホーム
  • 音楽
  • 浦井健治、8月にソロCDデビュー&初単独公演も決定

浦井健治、8月にソロCDデビュー&初単独公演も決定

 ミュージカル界の若手スターで、3人組ユニット「StarS」の浦井健治が、8月にエイベックスからソロCDデビューすることがわかった。9月29日には東京国際フォーラム・ホールAで初のソロコンサートを開催することも決定した。俳優デビュー15周年の節目に新たな一歩を踏み出す浦井は「僕にとって大切で、かけがえのない“ミュージカル”への想いを、ぎっしり詰め込んだアルバム&コンサートにしていけたら」と意気込む。

 2000年に『仮面ライダークウガ』で俳優デビューした浦井は、2006年に初主演ミュージカル『アルジャーノンに花束を』で第31回菊田一夫演劇賞を受賞。2013年5月には井上芳雄山崎育三郎との3人組ユニット「StarS」を結成し、東京・日本武道館公演を完売した。今年は初の帝劇単独主演ミュージカル『王家の紋章』が控えるなか、現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、読売テレビ・日本テレビ『ニーチェ先生』に出演するなど、テレビドラマにも活動の幅を広げている。

 浦井は「このたび、浦井健治名義として初めてCDをリリースし、そして同じく初めてのコンサートを開催させていただくことになりました。このような形でCDを出させていただくこと、とてもうれしく思います! 同時に、なんと東京国際フォーラム ホールAでのコンサート、喜びをかみしめています!」と喜びいっぱい。「今まで関わったすべての方に感謝を込めて。ミュージカルをさらに身近に感じていただけるようなアルバムの作成、そしてコンサートを作れたらと思っています」とのコメントを寄せた。

 ソロコンサートの詳細は、3月下旬に発表予定。

■浦井健治コメント
 このたび、浦井健治名義として初めてCDをリリースし、そして同じく初めてのコンサートを開催させていただくことになりました。このような形でCDを出させていただくこと、とてもうれしく思います! 同時に、なんと東京国際フォーラム・ホールAでのコンサート、喜びを噛み締めています!

 僕にとって大切で、かけがえのない“ミュージカル”への想いを、ぎっしり詰め込んだアルバム&コンサートにしていけたらと思っています!

 芝居と歌の垣根を無くしてお客様に楽曲のメッセージを伝えたいと考え、「芝居歌」と個人的に言いながら取り組んできた歌への挑戦。その深さをより探究し、歌の力をより育み、お客様や聴いてくださる方々に楽しんでいただけたらという想いから、このように歌へのさらなる興味、トライへとつながっていきました!

 デビュー15周年の節目に、avexの皆さんやたくさんの方々に支えられて、ソロでのCDデビュー、そして初めてのソロコンサートとなります!

 今まで関わったすべての方に感謝を込めて。ミュージカルをさらに身近に感じていただけるようなアルバムの作成、そしてコンサートを作れたらと思っています。ぜひ、さまざまな形で楽しんでいただけたら、うれしいです!
 



オリコントピックス