• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、清原容疑者の裏切り「覚せい剤よりも重い」と怒り

松本人志、清原容疑者の裏切り「覚せい剤よりも重い」と怒り

 ダウンタウンの松本人志が7日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)で、元プロ野球選手でタレントの清原和博容疑者が覚せい剤で逮捕されたことを受け、「いろんな人がいろんなことを言ってるけど、僕はシンプルで、やっぱり嫌いかな、清原さん、嫌い。良くない」と、心境を語った。

 清原容疑者は、24日放送の同番組に出演した9日後の今月2日夜、東京・港区の自宅で覚醒剤を所持していたとして逮捕され、のちに使用も認めたと伝えられる。

 昨年夏、ダウンタウンが司会をする番組『ダウンタウンなう』(同局系)にゲスト出演したこともあり、「(その時)僕の目を見て本当にやっていないって言ってた。信じてたし、そのウソが我々に対してもスタッフに対しても視聴者に対してもバカにしてるのかっていうね。この罪は、覚せい剤よりも重い。本当に良くないと思う」と冷静に言葉遣いの中に怒りを込めた。

 松本は「テレビに出て『覚せい剤やってます』と言えないのはわかるけど、なら、なんで出てたきたのか、という。ギャラもらって、テレビを舐めているのかと思う。いっぱいの人に迷惑をかけているから、本当にダメですよ」と話した。



オリコントピックス