• ホーム
  • スポーツ
  • 清原氏、ダルビッシュの男気に感動 左手で息子たちの打撃投手に

清原氏、ダルビッシュの男気に感動 左手で息子たちの打撃投手に

 元プロ野球選手の清原和博氏(48)が22日、ブログを更新。前日に息子たちと野球を楽しんでいたところ、米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手が駆けつけ、バッティングピッチャーを務めたことを報告した。

 前日のブログで、2人の息子との今年最後の面会の日に「8ヶ月ぶりに3人で野球を楽しんだ すると なんと自分より体が大きく心優しい男がわざわざ駆け付けてくれた」とつづっていた清原氏だが、その正体は、現役メジャーリーガーのダルビッシュ投手だった。

 もともと、清原氏が今年9月にダルビッシュ投手の代理人であるダン野村氏とたまたま遭遇し、ダルビッシュファンである息子たちのためにサインをお願いしたのがきっかけ。お願いを聞いたダルビッシュ投手が「息子さんにお会いしたい」と申し出て、帰国中の今回タイミングが合ったため、新旧人気プロ野球選手の対面が実現した。

 清原氏は「サンタクロースが来た!!自分よりはるかに大きい!!ほんまに来てくれ!!」とダルビッシュ投手の男気に大興奮。さらに「右腕はリハビリでダメだから左で投げます」と、左手で息子たちのバッティングピッチャーを務めてくれたことを明かした。

 ダルビッシュ投手は、清原氏からの感謝の言葉に「清原さんの息子さん達への気持ちは自分も同じです」と語り、清原氏は「本当に嬉しかった」と感動。ブログには「この一年間で最高の笑顔」と2ショットも掲載した。



オリコントピックス