• ホーム
  • スポーツ
  • 五郎丸歩選手、自身の”黄金像”に太鼓判「指がすごく再現されている」

五郎丸歩選手、自身の”黄金像”に太鼓判「指がすごく再現されている」

 ラグビー日本代表でヤマハ発動機ジュビロ所属の五郎丸歩選手が11月30日、東京・丸の内で開催されたイベント『東京ミチテラス2015「Lighting Bench Art」』除幕式に出席した。

 同イベントでは、スポーツ界・芸能界・歴史上の偉人の11名をモチーフにしたオブジェをベンチに設置する「ベンチアート」を開催。この日、自身のポーズを再現した”黄金色の銅像”の除幕に立ち会った五郎丸選手は、「指がすごく再現されている」と太鼓判を押した。

 そのほか、スポーツ界では、羽生結弦選手、田中将大投手、澤穂希選手。芸能界からは、高田純次、テリー伊藤、坂上忍、遠藤憲一。歴史上の偉人からは、徳川家康、徳川光圀、夏目漱石のオブジェが、大手町、丸の内、有楽町エリアの各所に展開される。開催は12月1日〜27日まで。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 自身の像の除幕式を行った五郎丸歩選手(左) (C)ORICON NewS inc.
  • 黄金の五郎丸像

オリコントピックス