• ホーム
  • 映画
  • 青森“スター・ウォーズねぶた”に火入れ 前夜祭にテーマ曲響く

青森“スター・ウォーズねぶた”に火入れ 前夜祭にテーマ曲響く

 東北三大祭りの一つとして数えられている「青森ねぶた祭」の前夜祭セレモニーが8月1日、青森市内ラッセランド(青い海公園)で開催され、「スター・ウォーズねぶた」がお披露目された。おなじみのスター・ウォーズのテーマ曲や帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)が流れる中、「スター・ウォーズねぶた」に火が入ると、約3万人の観衆から歓声が上がった。

【写真】その他の写真を見る


 「スター・ウォーズねぶた」は、青森ねぶたの最大サイズ(幅約9メートル、高さ約5メートル、奥行き約8メートル)のおよそ半分くらいのものが4台。「ドロイドねぶた」(作:外崎白鴻/35歳)、「ジェダイねぶた」(作:立田龍宝/30歳)、「シスねぶた」(作:手塚茂樹/40歳)、最後に当日までデザイン画も制作過程も一切公開されずにいた「シークレットねぶた」が登場。

 「フォースの覚醒ねぶた」(作:北村春一/34歳)と名付けられたねぶたは、12月18日に公開される「スター・ウォーズ」シリーズ最新作に登場するヒロインの「レイ」、悪役の「カイロ・レン」、新たなドロイド「BB-8」がデザインされている。

 青森市の鹿内博市長は「先人の人たちが大変な努力をし、すばらしいねぶたを私たちに残し、伝えてくれました。ねぶたを子どもたちに、次の世代にも受け継ぎ、伝えていきたい」と語り、「これからの青森ねぶたを背負って立つ若いねぶた師4人が『スター・ウォーズねぶた』を制作しました」とアピール。

 そのねぶた師を代表して、北村氏のコメントが紹介され「下絵の段階からねぶたをよく研究し、キャラクターを克明に再現するだけでなく、ねぶた独自の技法での表現を理解し、尊重してくださったディズニーの皆様に深く感謝します。貴重な機会をありがとうございました」と、世界的な人気を誇る映画シリーズとのコラボレーションを歓迎した。

 セレモニーでは「R2-D2」や「ダース・ベイダー」「ストームトルーパー」が華を添え、青森工業高校ねぶた研究会総勢25人による運行デモンストレーションも行われた。

 「スター・ウォーズねぶた」は、あす2日から7日までの「青森ねぶた祭」開催期間中、ねぶたの家「ワ・ラッセ」にて特別に展示される。



関連写真

  • 「青森ねぶた祭」前夜祭セレモニーでお披露目されたスター・ウォーズねぶた (C)ORICON NewS inc.
  • 当日まで謎のベールに包まれていた「フォースの覚醒ねぶた」 (C)ORICON NewS inc.
  • 約3万人が集まった「青森ねぶた祭」前夜祭セレモニー
  • 青森市の鹿内博市長も出席して行われたフォトセッション (C)ORICON NewS inc.
  • 「青森ねぶた祭」前夜祭セレモニーでお披露目された「シスねぶた」 (C)ORICON NewS inc.
  • 「青森ねぶた祭」前夜祭セレモニーでお披露目された「ジェダイねぶた」 (C)ORICON NewS inc.
  • 「青森ねぶた祭」前夜祭セレモニーでお披露目された「ドロイドねぶた」 (C)ORICON NewS inc.
  • 「青森ねぶた祭」前夜祭セレモニーでお披露目されたスター・ウォーズねぶた (C)ORICON NewS inc.
  • 「青森ねぶた祭」前夜祭セレモニーでお披露目されたスター・ウォーズねぶた (C)ORICON NewS inc.
  • 「青森ねぶた祭」前夜祭セレモニーでお披露目されたスター・ウォーズねぶた
  • 「青森ねぶた祭」前夜祭セレモニーでお披露目されたスター・ウォーズねぶた

オリコントピックス