• ホーム
  • 音楽
  • サンプラザ中野くん&バイきんぐ小峠、“坊坊主”結成 デビュー作は『励ます』

サンプラザ中野くん&バイきんぐ小峠、“坊坊主”結成 デビュー作は『励ます』

 昨年デビュー30周年を迎えたサンプラザ中野くん(54)が、お笑いコンビ・バイきんぐ小峠英二(39)と“坊主ユニット”、その名も「坊坊主(ボーボーズ)」を結成し、8月26日に1stアルバム『励(はげ)ます』でデビューすることが13日、わかった。全く接点がなかった2人だが、サンプラザ中野くんが「頭とほうれい線が似ている」と指摘されていた小峠の歌声をたまたまテレビ番組で耳にしてほれ込み、ユニットの相方は「この人しかいない!」と熱烈オファーした。

 オファーされた当初、「ドッキリだ!」と全く信じなかった小峠は、最初の打ち合わせでも「どこにカメラが仕掛けてあるんだろう? いつカメラマンが出てくるんだろう?」と半信半疑だったと振り返る。中野くんに口説かれた小峠は「A-Z(エイジィー)」のアーティスト名で活動することに。坊主ユニットらしく(?)、デビューアルバムのタイトルは『励(はげ)ます』と名付けられた。

 アルバムのレコーディングは既に終了。坊坊主としての新曲「励メタル」「DREAMER」、爆風スランプのセルフカバー「RUNNER -30th ANNIVERSARY Ver.-」、小峠が好きなザ・クラッシュの「LONDON CALLING」を小峠の声をイメージして制作された「東京CALLING」など全9曲が収録される予定だ。

 “歌手”として初のレコーディングに挑戦した“A-Z”こと小峠は「聴くのと歌うのは大違い。苦労しました」と四苦八苦しながらも、「自信を持って聴いていただきたい作品ができた」とにんまり。中野くんは新たな“相方”の歌声を「もともと声がすばらしい人なのでかっこいい」と太鼓判を押した。

 ノリノリの坊坊主はCD発売にとどまらず、「2人で歌番組に出たい。そして年末は、紅白歌合戦に出て、その後ゆく年くる年に出て2人で除夜の鐘を鳴らしたい」と怪気炎を上げている。

■坊坊主 1stアルバム『励(はげ)ます』収録予定曲
「励メタル」/「DREAMER」/「天使の涙」/「坊主&GIRLS(仮)」/「東京CALLING(仮)」/「RUNNER -30th ANNIVERSARY Ver.-」/「駅前には中野サンプラザ(仮)」ほか全9曲



関連写真

  • サンプラザ中野くん&バイきんぐ小峠英二が1stアルバム『励ます』でデビュー
  • 「坊坊主(ボーボーズ)」結成

オリコントピックス