• ホーム
  • 芸能
  • 内定取り消し騒動の笹崎アナ、テレビ初出演「世間の目に負けず芯の強い女性に」

内定取り消し騒動の笹崎アナ、テレビ初出演「世間の目に負けず芯の強い女性に」

 過去のアルバイト経験を理由に一度は内定を取り消され、撤回を求めた裁判で和解が成立し、今年4月に日本テレビに入社した笹崎里菜アナウンサー(23)が3日、同局系『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」(毎週水曜 後7:56)でテレビ初出演を果たした。

 4月の入社式から1年間を密着する「1年たったらこうなりましたの旅」と題した新コーナーで、アナウンス部に正式配属された尾崎里紗アナ、平松修造アナとともに登場。30秒で1年後の自分を語る場面では「世間の目に負けず、芯の強い女性になりたいと思います」と力強く語った。

 さらに「泣き虫なので、泣かないようにしたい」と女性らしい一面をのぞかせたほか、今後の目標として「東京マラソンに出場したい」と宣言した。

 2011年にミス東洋英和に輝いた笹崎アナは、2015年入社で日本テレビに内定。その後、学生時代に銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていた経験を申告したところ、「アナウンサーに求められる清廉性に相応しくない」と内定を取り消されたが、裁判で和解が成立し、4月からアナウンサーとして入社していた。



オリコントピックス