• ホーム
  • グルメ
  • ローソン、高価格帯のプレミアム弁当を販売開始 新プロジェクトとは?

ローソン、高価格帯のプレミアム弁当を販売開始 新プロジェクトとは?

 今年創業40周年を迎えたコンビニ大手のローソンが2日、周年記念事業として「本気でおいしい、プロジェクト」をスタートした。同日よりスタートしたテレビCMには、同社の玉塚元一社長が自ら出演し、“おいしい”にこだわる力強いメッセージを発信。素材と製法にこだわった高価格帯の弁当をメインにする、プレミアム商品の販売を開始した。競争の激しいコンビニ業界のなかでのローソンの新たな一手にはどのような狙いがあるのだろうか。

【写真】その他の写真を見る


 同社では、顧客への感謝を込める「40周年創業祭」を6月いっぱい開催することを先に発表していたが、2日より同プロジェクトの第1弾がスタートした。そのメインになるのが、高級食材を使用した高価格帯の弁当。「直火焼黒豚重」(590円)「気仙沼産 フカヒレあんかけ炒飯」(680円)「国産メロン盛りだくさん ロールケーキ」(350円)などが数量・期間限定で販売される。その価格を定番商品と比較すると、使用する具材が増えているためだが、ロールケーキは倍以上(プレミアム ロールケーキ/154円)。弁当も通常の商品より割高感がある(※価格はすべて税込)。

 コンビニ弁当を日ごろから購入する、昼食代を節約しがちなサラリーマン層にとっては、多忙ななかそこそこの味で安くて手早く食べられることが人気だった。そんななかにローソンが今回投入したのは、調達が難しい希少な食材を原料にしたプレミアム弁当。「本気でおししい」というテーマのもと、定番弁当より高価格にはなるが、数量・期間限定でしか仕入れが難しい食材を使用して、1000円を超えない価格で提供している。

 同社広報では、今回のプレミアム弁当について「顧客のニーズというよりも、創業40周年の感謝を届けるために高級食材と製法にこだわって開発した商品」とする。仕入れなどの問題でどの弁当もレギュラー商品化は難しいようで、顧客サービスのための商売気を抜きにした商品になる。顧客にとっては、創業記念のお祭りだからこそ堪能できる貴重な弁当になるようだ。

 「これをきっかけにローソンが“おいしさ”に本気でこだわっていることを知っていただきたい」(同社広報)。同社では、6月中の「40周年創業祭」のあとも「本気でおいしい、プロジェクト」は継続し、弁当に限らずあらゆる商品でこだわりの開発を続けていくとする。



関連写真

  • 「本気でおいしい、プロジェクト」第1弾として発売された数量・期間限定のプレミアム弁当「直火焼黒豚重」
  • 気仙沼産 フカヒレあんかけ炒飯
  • 国産メロン盛りだくさん ロールケーキ
  • 魚介のトマトクリーム生パスタ〜オマール海老ソース仕立て〜
  • もっといくらこぼし
  • 鹿児島県産黒豚のソーセージ3種盛合わせ
タグ

オリコントピックス