• ホーム
  • 音楽
  • 遊助&松坂大輔が横浜高バッテリー再び 「マツ、少し抑えろ!」

遊助&松坂大輔が横浜高バッテリー再び 「マツ、少し抑えろ!」

 歌手・遊助こと上地雄輔(35)の新曲「Take me out to the ball game〜あの・・一緒に観に行きたいっス。お願いします!〜」(25日発売)のミュージックビデオ(MV)に、今シーズンから日本球界に復帰する福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手(34)が友情出演したことが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 プロ野球開幕の2日前に発売される同曲は、メジャーリーグの試合で7回表終了時に観客が合唱する定番曲「Take me out to the ball game(私を野球に連れてって)」を一部引用して作られたもの。メジャーリーグをイメージした楽曲とあり、元メジャーリーガーで横浜高校野球部時代にバッテリーを組んだ松坂投手にMV出演を打診。松坂投手は1学年先輩からの直々のオファーに二つ返事で快諾し、今回の共演が実現した。

 撮影は、2人が野球場でトレーニングをするシーンを中心に行われた。キャッチボールのシーンで松坂投手が豪速球を投げ込むと、遊助は「手が痛い! 速すぎ! マツ、少し抑えろ!」と悲鳴。松坂投手は「プロの球がどれだけ速いか、見ている方に伝わるように一生懸命投げました」と茶目っ気たっぷりに笑った。

 撮影を終えた松坂投手は「カミさん(遊助)は、あの頃と変わらず気さくな人で、久々にいろいろな話ができてとても楽しかった」と再会を喜び、遊助も「久しぶりにキャッチボールをし、たくさん思い出話もできて、とても楽しかった。いろいろな偶然が重なり、今回マツに出演してもらうことができ、とてもすばらしいビデオに仕上がった」と手応えをにじませた。



関連写真

  • 今シーズンから日本球界に復帰する松坂大輔投手が遊助の新曲MVに友情出演
  • 「カミさん(遊助)は、あの頃と変わらず気さくな人」と松坂大輔投手
  • 久々のキャッチボールを楽しんだ横浜高校の元バッテリー
  • 遊助の新曲「Take me out to the ball game〜あの・・一緒に観に行きたいっス。お願いします!〜」(25日発売)初回盤A
  • 遊助の新曲「Take me out to the ball game〜あの・・一緒に観に行きたいっス。お願いします!〜」(25日発売)初回盤B
  • 遊助の新曲「Take me out to the ball game〜あの・・一緒に観に行きたいっス。お願いします!〜」(25日発売)通常盤
  • 遊助こと上地雄輔

オリコントピックス