• ホーム
  • 音楽
  • 嵐「うれしい」 4年ぶりゴールドディスク大賞 シングルはAKBが史上初のV5

嵐「うれしい」 4年ぶりゴールドディスク大賞 シングルはAKBが史上初のV5

 日本レコード協会が2日、『第29回日本ゴールドディスク大賞』(以下、日本GD大賞)の受賞作品・アーティストを発表し、大賞にあたる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は(4年ぶり3度目)、洋楽部門はワン・ダイレクション(2年連続)が受賞した。AKB48は「ラブラドール・レトリバー」で、史上初の「シングル・オブ・ザ・イヤー」5年連続受賞の快挙を成し遂げた。

【写真】その他の写真を見る


 同協会によると、嵐は対象期間内(2014年1月1日〜12月31日)にアルバム93万5504枚、シングル196万4292枚、音楽ビデオ144万2527枚をセールスし、年間の正味売上金額が最も多かったアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に4年ぶりに返り咲き。アルバム『THE DIGITALIAN』が「ベスト5アルバム(邦楽)」、音楽ビデオ『アラフェス’13』『ARASHI Live Tour 2013 “LOVE”』の2作品が「ベスト・ミュージック・ビデオ(邦楽)」を受賞し、トータル4冠に輝いた。

 嵐のメンバーは「昨年の活動がこのような賞に結びついたことを大変うれしく思います。この賞は、曲を生んでくださった作家さん、携わっているたくさんのスタッフ、そして何よりファンの皆さまが手にとってくださって、いただけた賞だと思っています。これからもファンの皆さまに楽しんでいただける作品を作っていけるよう、僕ら自身も楽しんで音楽活動を続けていきたいと思います」と喜びのコメントを寄せた。

 「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽部門)」は、日本で約20万人を動員するツアー真っ最中の英5人組ボーイズグループ、ワン・ダイレクションが2年連続で受賞。メンバーは「本当に光栄です。デビューから4年、僕たちがこうしていられるのはファンの皆さんのおかげです。ファンの皆さんなしには何一つ成し得なかったと思っています。日本のファンの皆さんも本当に最高です」と感謝した。

 AKB48は「シングル・オブ・ザ・イヤー」のほか、昨年のアルバム唯一のミリオンセラー『次の足跡』が「アルバム・オブ・ザ・イヤー」に輝くなど6冠。高橋みなみ、渡辺麻友、小嶋真子は「どんどんメンバーが入れ替わる中、すばらしい賞をいただけて光栄に思っております。これからもメンバーのみんなで、ファンの皆さんに感謝の気持ちを示しながら10周年を頑張っていきたいと思います」と決意を新たにしていた。

 ほかに、「ベスト・エイジアン・アーティスト」は東方神起が2年連続受賞。期間中にデビューしたアーティストのうち売上額が最も多い新人に贈られる「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門はジャニーズWEST、洋楽部門はアリアナ・グランデ、アジア部門は防弾少年団が受賞した。トロフィーを手にしたジャニーズWESTは「初のトロフィー、めっちゃうれしいです」と喜んだ。

 日本GD大賞は、対象期間中のCD、ビデオなどの総出荷数から返品数を差し引いた正味売上実績と有料音楽配信の売上実績を選定基準とし、その年のレコード産業に大きく貢献したアーティストと作品を顕彰するもの。1987年に制定された。

『第29回日本ゴールドディスク大賞』主な受賞者・作品
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】嵐(4年ぶり3回目)
【洋楽】ワン・ダイレクション(2年連続2回目)

■ベスト・エイジアン・アーティスト
【アジア】東方神起

■ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト
 中森明菜

■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】ジャニーズWEST
【洋楽】アリアナ・グランデ
【アジア】防弾少年団

■アルバム・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】『次の足跡』(AKB48)
【洋楽】『1989』(テイラー・スウィフト
【アジア】『TREE』(東方神起)

■シングル・オブ・ザ・イヤー
 「ラブラドール・レトリバー」(AKB48)

■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード
【邦楽】「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜(日本語歌)」(松たか子
【洋楽】「レット・イット・ゴー」(イディナ・メンゼル
【アジア】「Indestructible」(少女時代)

■特別賞
 『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック』(V.A.)



関連写真

  • 『第29回日本ゴールドディスク大賞』の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽部門)」は嵐が4年ぶりに受賞
  • AKB48は史上初の「シングル・オブ・ザ・イヤー」5年連続受賞(左から渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋真子)
  • 「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽部門)」はワン・ダイレクションが2年連続受賞
  • 「ベスト・エイジアン・アーティスト」を受賞した東方神起
  • 「アルバム・オブ・ザ・イヤー」はAKB48の『次の足跡』
  • 「シングル・オブ・ザ・イヤー」はAKB48の「ラブラドール・レトリバー」
  • 特別賞は『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック』

オリコントピックス