• ホーム
  • 芸能
  • SMAP、森且行の脱退が最初の解散危機 香取暴露に中居ダメ出し

SMAP、森且行の脱退が最初の解散危機 香取暴露に中居ダメ出し

 鉄の結束を誇る国民的アイドルグループ・SMAPにも過去に数度の解散危機があったことが、26日から27日にかけて放送されたフジテレビ系特番『武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ』で明らかになった。口火を切った香取慎吾に、リーダーの中居正広が公開ダメ出しを行い、それに香取が反論する場面もあった。

 「SMAPが生まれ変わるための生前葬」という前代未聞のオープニングで幕を開け、各界の著名人が弔辞を送った。中居には森且行の脱退時の心境、木村拓哉には視聴率を気にして眠れなかったことがあるか、稲垣吾郎には2001年の道路交通法違反などで逮捕された当時、草なぎ剛には09年の泥酔騒動。際どい質問が寄せられるなか、脚本家の三谷幸喜は香取に対し「SMAPの解散を考えたことはありますか?」。一呼吸置いて香取は「絶対に解散はしません…けど、今まで何度か考えたことはあります」と本音を吐露した。

 その数時間後『ワイドナショー』の特別版『27時間ナショー』では、司会のダウンタウン松本人志が再びその質問をぶつける。のっけから禁断の話題に切り込んだSMAPを賞賛した上で「(解散危機は)何回くらいあったの?」と深堀りした。

 香取は苦悶しながら「3か4くらいですかね」と口を開いたが、他のメンバーは沈黙。たまらず香取が「言っちゃいけない感じかわからないけど、みんな、あったじゃん」と促すと、草なぎ剛は「慎吾は3回と思ってるかもしれないけど(僕は)2回」とフォロー。木村拓哉は「3回」。稲垣吾郎は「1回。聞かされていないのかも」と“らしさ”を出して笑いを誘った。次々と飛び出す本音に動揺したのは中居だった。香取の頭を「バカか!」とはたくと「4、5回くらいかな。ここ10年はないですよ。20代の頃は…」と苦笑いした。

 27日夕方、事前告知で「未定」とされていた時間ではSMAP5人だけによるフリートークを展開し、香取が「正直に言って良かった」と安堵。再び中居が「びっくりした。開けたらいけないチャックってある」と公開説教を始めると、香取は「26、7年やってきて1回も(解散危機)ないってわけないじゃん」と反論。やれやれといった表情の中居が「そこも濁さなきゃいけないじゃん。ゴールもないし面白くもないし」と諭すと、ここでも草なぎが「良かったよ」と助け舟を出した。

 そしてクライマックスの45分3秒に及ぶノンストップ野外ライブを終えてフジテレビに向かう途中、盟友・森且行からの手紙が読み上げられるとメンバーは感涙。グランドフィナーレでは口々に「あれはダメ!あれはもう…」と感極まる“反則”だと訴えた。

 そこで中居は改めて森の脱退時を振り返り「香取くんと一緒にね、森くんの一番最初のレースを二人で観に行ったんですよ。覚えてる? 負けちゃったけど…」と優しい口調に。その途端、再び香取は「森君が辞めるって言った時、中居君が僕に『解散しようか?』と言ったのが(解散危機)1回目です」と暴露してみせ、慌てた中居は「やめなさい」と苦笑い。最後は解散話を楽しむ節もあり、改めて鉄の結束を証明してみせた。

 そんなSMAPは、9月4日より8年ぶりに100万人以上を動員する全国ツアーを開始。その前日には21枚目のオリジナルアルバムの発売も決定した。解散せず27年目に突入した、彼らの円熟味を増したパフォーマンスが今後も期待される。



オリコントピックス