ORICON STYLE

2009年06月09日

 6月9日はロックの日。1950年代後半に自由を求める若者たちが既存のスタイルにとらわれない新たなリズム、サウンド、歌詞で、反骨精神や愛や平和を力強く表現した音楽、ロックの精神は、現在にも脈々と受け継がれている。そんなロックを象徴する日本のアーティストといえば・・・?!

ロッカーの共通点は、言動が扇情的、でも根はシャイ

 1位は、多くのアーティストから絶大な支持を受け、日本の音楽シーンに旋風を巻き起こした忌野清志郎。世代を超え愛されるなか、2009年5月2日に残念ながら58才という若さでこの世を去ったが、その存在は永遠だという声が全世代の男女から聞かれた。奇抜なファッション、恐れを知らぬ言動の陰にあったのは、「強く優しくそしてカッコいい」(長野県/40代/男性)音楽と「最期まで自分の音楽を貫いた」(北海道/10代/女性)ロック魂だった。

 2位は矢沢永吉。「50才すぎても全く変わらないところがロックそのもの」(群馬県/40代/女性)であり「数々の伝説がある」(東京都/20代/女性)のは、さすが永ちゃん。

 3位と4位にも熟年のロッカーが並んだ。「気ままにやりたいことだけをやっている。反骨精神の塊のような人」(東京都/20代/女性)「『ロックンロール』という口癖、『シェゲナベイベー』という名言、そして今年70才とは思えない奇抜なファッションをしている」(大阪府/20代/男性)内田裕也と、忌野清志郎の親友でもある泉谷しげる。「荒っぽい言葉の裏に優しさが見える」(静岡県/40代/女性)「あらゆる言動が扇情的。でも根はシャイ」(静岡県/30代/男性)というのは泉谷に限らずロッカーに共通の特性かもしれない。

ロックな人=永遠にカッコよくあり続けるであろう人

 「自分の世界がすごくある!」(東京都/10代/女性)「クールなロッカー」(千葉県/10代/女性)と、若い世代から支持を集めたGacktは5位にランクイン。6位の尾崎豊は、「若者のカリスマとして生き、死後もまだカリスマであり続けている」(滋賀県/40代/男性)と、26才という若さでこの世を去り、18年が経った今なおも多くのミュージシャンから愛され、数多くのトリビュートやカバー作品がリリースされ、もはや伝説の存在。7位の甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)は、THE BLUE HEARTS時代から一貫して「不器用で頑固で繊細でカッコイイところ」(北海道/30代/女性)「どんな時も革ジャンを着ているから」(神奈川県/30代/女性)が、8位のDAIGO(BREAKERZ)は「見た目はもちろんあの喋り方」(福島県/10代/女性)「すっとんでいるところ」(東京都/30代/女性)がロックぽいと評価された。

 9位は紅一点、土屋アンナが唯一の女性アーティストとしてランクインした。「一児の母でありながら、それを感じさないかっこよさがあるから」(東京都/20代/女性)「サバサバしていて、かっこいい」(埼玉県/10代/女性)「体からロックなエネルギーが溢れだしている」(埼玉県/20代/女性)と、同姓からの支持を集めた。

 10位は「何事にも豪快な感じ」(神奈川県/20代/男性)長渕剛。”ロックな人”とは、年齢・性別に関係なく、心にたぎる熱く優しい想いを持ち、シャイで不器用、でもそれを表現するために妥協をしない人。他人に左右されることなく、自分の信じた道をまっすぐ進む人。そして永遠にカッコよくあり続けるであろう人のこと。偉大なロッカーたちに乾杯!

(文:内山磨魅)

【調査方法】
2009年5月14日〜5月18日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、10代、20代、30代、40代の男女、各150人、合計1200人にインターネット調査したもの。

▲このページの最初に戻る