ORICON STYLE

2009年01月16日

 1月28日にリリースされるタカチャの最新アルバムに収録の「「オマエ」は俺の太陽」のPV撮影現場に潜入!このPVにはなんと!自身以外の作品で初のPV出演となった杉浦太陽が、学生、新入社員、一児のパパ、女装と様々な役に挑戦。タカチャと杉浦太陽の1日に完全密着しました!!

「おはようございまーす」と、タカチャさん&杉浦太陽さんが2人そろって仲良く撮影場所に到着。“太陽”という楽曲タイトルと杉浦さんの名前の通り、撮影当日は晴天!マネージャーさん曰く、杉浦さんは晴れオトコだそうです。

本日最初の撮影は、公園での家族団らんシーン。「俺はまだ独身なので、太陽さんはさすがだなあって思いました」とタカチャさんも褒めていたが、一児のパパ・杉浦さんの子供のあやし方はさすが!『ウルトラマン』をまねる杉浦さんを見て、さっきまでぐずっていた子役の男の子も思わず笑顔に!!「テーマが“恋愛”と“家族”なので、温かい雰囲気で撮影したいですね」と、杉浦さんが言っていたとおり、穏やかなムードで撮影がスタート。

撮影の合間には、「「オマエ」は俺の太陽」について語ってくれたタカチャさん。実はこの曲、初恋を思い浮かべて書いた曲で、若い頃には言えなかったことを詞にしたとか。「普段は照れくさくて言えないことでも、歌だからこそ言える。きっと、みんなにもこの歌詞のようなことがあると思うので、大切な人を思い浮かべて聴いてほしい」とのこと。一方杉浦さんは、「タカチャさんは独身なのに、なぜ結婚している俺の気持ちを分かるんだろう・・・本当に共感できるいい歌ですね」と、絶賛していました。

「人間の鼓動、ノリを大切にして、今まで以上に時間をかけてトラック制作をしました」と、青空の下で気持ちよさそうに歌うタカチャさん。密着していた私達も心地よいひと時でした。

新入社員になった杉浦さん、ランチをする2人が些細なことでケンカをして仲直りをするというシーン。「PV撮影は、オールアドリブなので楽しく演じられそう」と、和やかなシーンからドキっとするシーンまで、楽しそうに演じていた杉浦さん。

(写真:鈴木健太)

PHOTO GALLERY
RELEASE

「オマエ」は俺の太陽
タカチャ
2009/01/28[アルバム] 価格:\1,529(税抜)
エピックレコードジャパン  品番:ESCL-3152

PROFILE

【タカチャ プロフィール】
1981年10月28日生まれ。青森県八戸市出身。
父が吹奏楽部顧問、母は合唱部顧問という、音楽的に恵まれた環境の中で育ち、4才の頃からピアノを習い始める。高校入学後、本格的に音楽を職業にすることを決意し、高校中退、単身上京する。鳶職人として生計をたてながら、楽曲制作を独学で勉強し、都内のクラブなどで精力的にライブ活動を行う。
2005年3月10日、インディーズよりミニアルバム「Your heart is...?」をリリース。ロングセラーとなる。
同年7月13日、シングル「ソノサキニ」でメジャーデビュー。
2006年7月12日、シングル「MOVIN!!」をリリース。
同年7月26日、1stフルアルバム『I ♥ 田舎』をリリース。
2007年6月6日、シングル「ツヨガリ」をリリース。
2008年4月2日、タカチャ feat.ACOとしてシングル「ナミダ」をリリース。
2009年1月28日、アルバム『「オマエ」は俺の太陽』をリリース。

【杉浦太陽 プロフィール】
【生年月日】1981年3月10日
【出身地】大阪府
【血液型】A型
【身長】177cm

1998年、『おそるべしっっ!!音無可憐さん』(テレビ朝日系)でデビュー。
2001年〜2002年、『ウルトラマンコスモス』(テレビ朝日系)で主演を演じる
以降、ドラマ、映画、舞台などで活躍。
2008年、映画では、『深海獣零号』『トラ・コネ』に出演。舞台では、『ウルトラマンプレミアステージ2』に出演。ドラマでは、『万引きGメン二階堂雪17最期の嘘』(TBS系)と『流星の絆』(TBS系)に出演。
2009年1月10日〜3月7日、NHK土曜時代劇『浪花の華 〜緒方洪庵事件帳〜』に出演。

過去の特集

▲このページの最初に戻る