ORICON STYLE

2008年10月22日
福山雅治 Special Issue
アーティスト福山雅治が再び目を覚ます!
“ガリレオ”湯川学が顔を覗かせる

 ソリッド感のあるギターのカッティングからスタートする「想 -new love new world-」。その音は、新作を心待ちにしワクワクしながら耳を傾けた誰もをグイッと引っ張ってくれる。「さあ、行くぞ」、そんな言葉すら聞こえてくるような快適な始まり。冒頭から続く、さまざまな単語のリフレインがそのワクワク感に拍車をかける。この瞬間、1年半というブランクは忘却の彼方へと押しやられ、2008年型福山モデルの世界に飛び込んだ自分に気づく。
  歌詞を彩る「知能」「原子」「遺伝子」「机上の空論」「秩序」「計算上」「覚醒」といったフレーズにも思わずニヤリ。歌っているのはまさしく福山雅治だが、さりげなく“ガリレオ”湯川学が顔を覗かせるのだから。そんなさまざまな“お楽しみ”は圧倒的な疾走感をはらみ、タイトルの「想」という観念に収束していく。このスリリングな展開も見事だが、同じ“音”を持つ漢字が歌詞には書き連ねてある。つまり、この曲の本質は聴く人が、自分の心に最もフィットした一文字の“そう”を選ぶことで完結するということだ。科学的でもあり、哲学的でもあり、それでいて言葉遊びのスパイスが利いた語学的な要素も漂っているアカデミックな多重構造。おなじみのフレーズを敢えて使うなら、実におもしろいナンバーだ。

プロデューサー・福山雅治として

 そのヒリヒリした充実を抜け出ると、ちょっと懐かしい、いつもの“福山節”が耳をくすぐってくる。「明日の☆SHOW」のファルセットパートへの展開も、「HIGHER STAGE」におけるコーラスとの間でのシークエンスも抜群の安定感で、“いつもの場所”に誘ってくれる。この新しさと懐かしさの融合は、ドラマを通して彼のファンになった人たちでもきっと“クセ”になるはずだ。
  思えば、この1年半、彼は俳優としての側面とプロデューサーとしての側面を多く見せてきた。『ガリレオ』における天才科学者役への挑戦は、そのアクの強さをどこまでスタイリッシュに見せられるかがポイントとなっていたが、高い視聴率とともに、福山雅治を代表する“ハマリ役”となった。柴咲コウをボーカルに置いたプロジェクトKOH+では、完全に裏方に徹しながらもサウンド面で、誰が聴いても“ザ・福山”と言える個性の強さを打ちだしてきた。4月に故郷・長崎で開催した写真展だって、ひとつの“プロデューサー”的側面と言っていいかもしれない。さらに、同ドラマのメインテーマ「vs.〜知覚と快楽の螺旋〜」ではサウンドメーカーとしての未曾有の才能を披露、いろいろな形で表現することのおもしろさや奥深さを伝えてきてくれた。そんなふうに考えると、この1年半はアーティスト・福山雅治の姿をほとんど見なかったにもかかわらず、厭というほどアーティスト・福山雅治の凄さを思い知らされる時間だったのかもしれない。
  だからこそ、この新作はこれまで以上に輝いていて楽しい。秋の心地良い風をさらに鮮やかに感じさせる3編のスケッチとともに、僕たちはまた福山雅治の魅力に取り込まれていってしまう。

(文:田井裕規)
Release

想 -new love new world-【初回盤A】
福山雅治
発売日:2008/10/22 [シングル] 価格:\1,700(税込)
ユニバーサルミュージック 品番:UUCH-9021

想 -new love new world-【初回盤B】
福山雅治
発売日:2008/10/22 [シングル] 価格:\1,700(税込)
ユニバーサルミュージック 品番:UUCH-9022

CDを購入する(Amazon)

想 -new love new world-【通常盤】
福山雅治
発売日:2008/10/22 [シングル] 価格:\1,200(税込)
ユニバーサルミュージック 品番:UUCH-5076

CDを購入する(Amazon)
Profile

1969年2月6日、長崎県に生まれる。
1990年3月、シングル「追憶の雨の中」でデビュー。
1991年、ドラマ『あしたがあるから』で役者デビュー。
1993年、フジテレビ系TVドラマ『ひとつ屋根の下』で全国的な認知を得る。
1993年10月21日、アルバム『Calling』で自身初の首位獲得。
2000年4月26日、シングル「桜坂」で1位を獲得。この年を代表する名曲としてロングヒットし、社会現象となる。
2005年8月17日、シングル「東京」をリリース。
2006年5月24日、シングル「milk tea/美しき花」、アルバム『Fukuyama Masaharu ANOTHER WORKS remixed by Piston Nishizawa』を同時リリース。
2006年12月6日、アルバム『5年モノ』をリリース。1位を獲得。
2007年4月11日、シングル「東京にもあったんだ/無敵のキミ」をリリース。2位を獲得。
2008年10月22日、シングル「想 -new love new world-」をリリース。