ORICON STYLE

2008年06月11日

早摘み!早すぎ!? 2008年はこのコがくる!! 金のタマゴ発掘隊

File.15 窪田正孝

 デビュー作にして主演を務めたCX系深夜ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』で注目を高めた窪田正孝くん。現在放送中のTX系ドラマ『ケータイ捜査官7』では、総監督・三池祟史氏に「10年後に君を選んだ理由がわかる」と惚れ込まれるほどの逸材!そんな彼もまもなく20才。“独身願望”から“俳優論”までその素顔を告白!!

僕は独身願望が強くて(笑)

 主演を務めるTX系ドラマ『ケータイ捜査官7』の撮影現場では、スタッフにさり気なくお茶を配ったりするという窪田くん 「演じている主人公の優しさが、自分の中に反映されてると思います」と言うが、その礼儀正しさや気配りの細かさは会うと端々に感じられる。
 ドラマの主人公・網島ケイタは、どこか冷めた感じの少年。今回に限らず、窪田くんはそんなイメージの役が多い。しかし、休日の過ごし方をたずねると「休みでも部屋で台本をずーっと読んでいて、気がつくと夜になってることがよくあります」。一見冷たくみられがちだが、人のピンチには自らの危険を顧みないケイタ同様、熱い想いを芝居に対して秘めている。
  今回のドラマで初挑戦となるアクションだが、極力スタントは立てず「ふっ飛んで膝をすりむくのはいつものこと。傷は絶えません」と笑いながら、階段から飛び降りるシーンなど文字通り体当たりで挑んでいるという。
  一方で、趣味に挙げたのは“ホットケーキ”。「これは・・・僕は独身願望が強くて(笑)。一人暮らしを始めたとき、料理がまったくできないと困るでしょ。自分で何か作れるようにならなきゃと。それで最初に作ったのが、ホットケーキだったんです(笑)」
  10代から早々に独身生活に備え、現在もガールフレンドはいないと話す。 「彼女ができれば、ちゃんと時間も取らないと失礼だと思う。でも、僕は不器用だから、アレもコレもはこなせない。今は、もっといい芝居をすることが第一なので」と、どこまでも真面目で誠実な窪田くんだ。

コメディは真剣だからこそ面白い

 もともと芸能界に興味はなく、母親が『月刊デ・ビュー』の雑誌を見てオーディションを勧めてくれたのがきっかけだった。合格後にCX系深夜ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』で主演デビュー。続いて出演したTBS系ドラマ『家族善哉』が思い出深い作品だという。週5日放送の昼ドラだけに、撮影はハードだった。
 「制作、撮影が大阪だったので、毎週土曜の夜に大阪入り、日曜から水曜まで撮影。木曜朝イチの新幹線で帰って、木・金・土と学校。で、また大阪へという生活を3ヶ月続けました」
  『家族善哉』は16才で結婚・出産した30代半ばの主婦が、一念発起して子供たちと同じ高校に通い出すアットホーム・コメディ。窪田くんは、その長男役を演じた。「『家族善哉』は典型的なコメディ。でも、コメディっぽく演じるのではなく“真剣に挑むからこそ観てる方を笑わせられる”。スタッフさんに言われたその言葉が、今もすごく頭に残ってます」。毎日芝居をする中で試行錯誤し、シリアスに演じたことが「面白い」と言われたときは「最高にうれしかった」という。
   「クランクアップではボロ泣き(笑)。打ち上げの翌日がテストだったから、途中で帰らなきゃいけなくて。あいさつをしてお母さん役の竹内都子さんの顔を見た瞬間、また泣いちゃって(笑)。“情けない・・・”と思いながら帰りました(笑)」

(文:斉藤貴志)
窪田正孝の写真
プロフィール主な出演作品注目主演作!!
窪田正孝

【名 前】  窪田正孝 KUBOTA MASATAKA
【誕生日】 1988年08月06日
【出身地】 神奈川県
【身 長】   175cm
【血液型】 B型

OFFICIAL BLOGOFFICIAL SITE
PRESENT
窪田正孝直筆のサイン付きポラロイド

直筆サイン入りポラロイド写真を
限定2名★読者プレゼント!

多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

金のタマゴ発掘隊 ブレイク必須のイケン君と美少女は、ここを見れば間違いナシ!!一覧ページでまるごとチェック!
最新のバックナンバー
山本ひかる
Vol.44 山本ひかる
金澤美穂
Vol.43 金澤美穂
岡本 玲
Vol.42 岡本 玲
山下リオ
Vol.41 山下リオ