ORICON STYLE

2008年05月21日
“夢”ソング特集『快眠?リラックス?みんなが聴きたい夢ソングは!?』
寝る前に聴きたい曲
三日月 絢香 優しい歌声が眠りに誘う
 いい夢を見るためには心やすらかに眠りにつきたいもの。だからこそ『寝る前に聴きたい曲』に対する回答も、気持ちを落ち着けてくれるしっとりとしたナンバーが中心となった。絢香の珠玉のバラード「三日月」は、曲全体に夜の空気感も漂っていてまさにおやすみ前に最適な1曲。「ゆっくりとしたテンポで、絢香の声が心地いいから」(愛媛県/10代/女性)。「そばにいるね」「おやすみなさい」は、青山テルマ、aikoの温かなソフト・ボーカルはもちろん、タイトルからも伝わってくる、包み込んでくれそうな楽曲のテーマが心地よい睡眠への強力な味方となるはず。「寝る前に相手のことを思い出して寝たいから」(静岡県/20代/女性/「そばにいるね」)、「バラードなので静かに眠れそう」(北海道/10代/女性/「おやすみなさい」)。男性の声で癒されながら眠りたいという人からの票が集まったのがBUMP OF CHICKENとJanne Da Arcの2作品。「部屋を暗くしながら目をつぶって聴くと、目の前に星が広がるように感じるから」(宮城県/20代/女性/「プラネタリウム」)、「ギターの伴奏が心地良く、優しい歌声が眠りに誘う・・・ような気がする」(大阪府/20代/男性/「Dear my…」)。
順位 曲名・アーティスト
1 三日月
絢香
2 そばにいるね
青山テルマ
3 おやすみなさい
aiko
4 プラネタリウム
BUMP OF CHICKEN
5 Dear my…
Janne Da Arc
朝起きて聴きたい曲
NO IMAGE 音楽で快適な1日を演出
 『朝起きて聴きたい曲』に選ばれたのは、いずれも快適な1日を演出してくれる“勢い”に満ちた楽曲ばかり。いやな夢を見てしまっても、寝起きがどうも・・・という人もここに挙がった作品で1日に“弾み”をつけてみてはいかが。1位はNEWSの「WeeeeK」。メンバーの持つ明るいキャラクターと作品を提供したGReeeeNの“青春応援歌”というスタンスが絶妙にマッチした、心をリフレッシュしてくれる楽曲だ。「一週間を簡潔に歌った曲で、すっきりした気持ちで一日を迎えられる。朝一で聴くのがいい」(東京都/10代/女性)。2位に選ばれたYUIは、生活のいろいろな場面で“チカラ”を与えてくれるアーティスト。そんな彼女の作品の中でも朝にぴったりということで2曲がランクイン。「朝が苦手な人にも得意な人にもいい朝にしてほしいという気持ちが伝わってくるから」(沖縄県/10代/男性/「OH YEAH」)「爽やかでいい気分になるから」(岡山県/10代/女性/「Laugh away」)。タイトルからして目覚めの1曲なのが、Mr.Childrenの「Wake me up!」。「嫌な朝も起きる気になるから」(埼玉県/20代/女性)。
順位 曲名・アーティスト
1 WeeeeK
NEWS
2 OH YEAH
YUI
3 Wake me up!
Mr.Children
4 Laugh away
YUI
5 AM11:00
HY
子守唄で歌って欲しい曲
ぼくはくま  宇多田ヒカル 現代版の子守唄は?
 『寝る前に聴きたい曲』とは異なる意味で、心地よい眠りに誘ってくれる存在が「子守唄で歌って欲しい曲」。現代版“子守唄”とも呼べる、どこかほっとさせる“ピュア”な肌触りを持つ作品が揃った。「ぼくはくま」は、ずっと前からベッドのそばに置いてきたぬいぐるみのような親しみやすさで、1日の疲れをほぐしてくれることだろう。「子供にも歌ってあげたい1曲です」(宮城県/20代/女性)。誰もが涙する鮮やかなラブバラードから年代を問わない“おやすみ向け”の作品まで、宇多田ヒカルの才能の大きさを感じさせる結果といえる。2位にはaikoが、大きな母性愛を感じさせる楽曲「瞳」でランクイン。「aikoの母性本能をくすぐる声とこの曲・歌詞がすごくマッチしていて、深い大きな愛を感じさせてくれるから」(東京都/10代/女性)。母親のそばにいるような心地よさでいい夢を・・・。もはやスタンダードと呼んでもいい平井堅の「大きな古時計」には、「童謡だし、懐かしい感じがするから、安心した眠りを誘う子守唄には適していると思う。それに平井堅が歌ってさらにいい曲だと思えるから」(山口県/10代/女性)といった声が寄せられた。
順位 曲名・アーティスト
1 ぼくはくま
宇多田ヒカル
2
aiko
3 大きな古時計
平井堅
4 そばにいるね
青山テルマ
5 涙そうそう
夏川りみ
夢に向かってがんばるひとたちへ勇気をもらえる曲
負けないで ZARD そっと背中を押してくれるのは・・・
 『勇気をもらえる曲』のトップに選ばれたのはZARDの「負けないで」。「昔からこれを聴いて乗り越えてこられた」(神奈川県/20代/女性)「あきらめない気持ちにさせるから」(愛知県/10代/男性)など、坂井泉水のメッセージは今も多くの人の心に焼きついている。Mr.Childrenの「終わりなき旅」も背中を押してくれる曲として人気が高かった。「くすぶっている状況で、一歩踏み出す勇気をくれる曲だから」(兵庫県/20代/男性)。旬という意味では「羞恥心」も注目度が高い。歌っている3人のひたむきさも含めてのランクインといえるだろう。「ダメな自分でも頑張れると思うから」(千葉県/20代/男性)。逆に懐かしいところで、光GENJIの「勇気100%」が大健闘。「その曲名の通り、勇気が沸いてなんでもできそうな気持ちになれるから」(静岡県/10代/男性)など男性票の多さが興味深いが、NHKアニメ『忍たま乱太郎』のテーマとしてジャニーズJr.のユニットYa-Ya-yahがカバーしていたこともポイントとなっているようだ。
順位 曲名・アーティスト
1 負けないで
ZARD
2 終わりなき旅
Mr.Children
3 羞恥心
羞恥心
4 勇気100%
光GENJI
5 ちっぽけな勇気
FUNKY MONKEY BABYS
リフレッシュしたい時に聴きたい曲
Laugh away YUI 優しい歌声が眠りに誘う
 『リフレッシュしたい時に聴きたい曲』では、『朝起きて聴きたい曲』でもランクインを果たしていたYUIの「Laugh away」とNEWSの「WeeeeK」が上位を占めた。「音が清々しい印象をうけるから」(新潟県/10代/男性/「Laugh away」)「また新しい日が始まるぞーって思えるから」(青森県/10代/女性/「WeeeeK」)。この共通点からも、朝の気分転換には爽やかで勢いのある曲が好まれていることがよくわかる。そういう意味では、スキマスイッチの「全力少年」、大塚 愛の「PEACH」も軽快さではひけをとらない。「これを聴くとスッキリするから」(石川県/10代/女性/「全力少年」)「大声で歌うとすっきりする」(兵庫県/20代/女性/「PEACH」)。注目なのは「トランス状態になって無になる」(山形県/20代/女性)という声も上がったPerfumeの「ポリリズム」。最新鋭のテクノサウンドには意外な効能もあるようだ。
(文:田井裕規)

【調査方法】
自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】による全国の10代、20代の男女、計1,000人にインターネット調査したもの。
順位 曲名・アーティスト
1 Laugh away
YUI
2 WeeeeK
NEWS
3 全力少年
スキマスイッチ
4 PEACH
大塚愛
5 ポリリズム
Perfume