ORICON STYLE

2007年06月27日
DVD 百鬼夜行抄 Special Interview
主演の細田よしひこ、酒井彩名が作品見どころを語る!
Play Movie
1. コメント映像(細田よしひこ) PLAY
2.ダイジェスト映像 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。


撮影中に照明が消えた!!

――初めて台本を読んだときの感想を教えてください。
【酒井】 初めて台本を読んだときは、この作品がどのように映像として放送されるのか想像がつきませんでした。スタジオには、丸ごと1軒家が入っているし、不思議な雰囲気が漂っているし・・・。後日、CGが加わった映像を観て、すごく驚きました。
【細田】 僕は、今まで幽霊を見たことがないので、律をどうやって演じていいのかすごく悩みました。セリフ以外にも動きや表情で様々な情感を表現しなくてはならなかったので、すごく大変だったのですが、映像を見て納得しました。。

――確かにリアルなCGは臨場感に溢れていますよね。そんなCGで作られた妖魔たちで、お気に入りのキャラクターは?
【細田】 僕が好きなのは、青嵐と尾白と尾黒。青嵐と律は、食う者と食われる者の関係なのですが(律の祖父が青嵐に「律が18才になったら彼を食べていい」という条件で、律を守ることを約束させた)、その緊張感のなかでも一種の友情が芽生えていくんです。その感じがいいなと。尾白と尾黒は第3話から登場するんですけど、その憎めないキャラクターがカワイイんです。あんな妖魔が本当にいたら、傍にいて欲しいですね。
【酒井】 私は、毎回、律に向かって「お前はこの先背が伸びない」って言う妖魔が好きです。それを無表情で切り捨てる律もいいですよね(笑)。律の母親役のいしのようこさんも、あのやりとりが好きだと仰ってました。

――そんな撮影中にハプニングがあったそうですね。
【酒井】 そうなんです。第1話で司が入浴するシーンがあるんですけど、撮影中にスタジオの照明が全部落ちてしまったんです。真っ暗だから助けを呼べないし、お風呂から出るわけにもいかない・・・。1人お風呂に取り残されていたので、お湯の中から手が伸びて湯船に引きずり込まれるんじゃないかと思いました。
【細田】 それは怖い!!でも、僕は、申し訳ないくらい恐怖体験がなかったです。

本当の家族のように

――現場は、どんな感じだったんですか?
【細田】 ドラマの雰囲気そのままですね。いしのさん、市毛(良枝)さん、酒井さんの3人が、僕のことをクスクス笑っているんです。自分の出番が終わって、ボーっとしているときに声をかけてきたり・・・。少しは放っておいて欲しいですよね!
【酒井】 だって、本当に弟ができたみたいで可愛かったんですもん。キャストの皆さんとは、本当の家族のように仲良くさせていただきました。

――共演者との印象に残っているエピソードを教えてください。
【酒井】 私は、渡辺いっけいさんですね。いっけいさんは、身体は律の父親でありながら中身は青嵐(妖魔)という役なので、食事のしかたがおかしいんです。それを表現するために待ち時間もずっと練習をしていて、いつも何かが出ていました(笑)。見てしまうと笑ってしまいそうになるので、撮影のときはなるべく見ないようにしていました。
【細田】 僕も、いっけいさんからはいろいろ学ばせていただきました。シーンごとに何パターンもの芝居を用意しているし、アドリブもすごく多いんです。そんな意味でも、素晴らしい役者さんだなぁと思いました。

――では最後に、作品の見どころとファンへのメッセージをお願いします。
【酒井】 このDVD-BOXでは、テレビOA時に放映されなかった3つのストーリーが追加されています。それ以外にも、撮影の裏側がわかる特典映像やインタビューなども収録されているので楽しみにしていてください。また、『百鬼夜行抄』は、4人の監督によって撮影されたのですが、監督ごとに作品のカラーが少しずつ違うので、その違いも楽しんでいただけるかと思います。
【細田】 テレビ未放送の第11抄と第12抄(※)は、比較的テンションの高い星田監督が撮影しているので、律のキャラクターも一味違うものになっています。そちらも、是非、観てください!

(文:内山磨魅)
※第11抄『狐の嫁入り』Vol.2に特別抄として収録。第12抄『闇夜の衝立』(「雨夜の衝立」より)Vol.3に特別抄として収録。

Story
 飯嶋家は都下郊外の古い住宅地にある。最近では珍しくなった木造の立派なお屋敷だ。屋敷の裏には雑木林があり、うっそうと茂った木々のせいでなんとなく家に暗い感じを与えていた。
 近所の人はこの飯嶋家を「バケモノ屋敷」と呼んでいる。
 この家を建てた飯嶋怜は小説家でペンネームを飯嶋蝸牛といった。怪奇幻想小説家として名を知られ、「河童」「鬼」「天狗」などと言った妖怪変化を好んで書いた。そのせいで、この家もそんな名前で呼ばれるようになったのかもしれない。その蝸牛も今から15年前に亡くなり、今ではその家族たちが普通に暮らしている。親戚や知人の往来もよくあるし、住んでいる人たちはいたって明るい。
 しかし、ここは相変わらず「バケモノ屋敷」だ・・・。


©D.N.ドリームパートナーズ/VAP/OLM,Inc.
Release
百鬼夜行抄
DVD-BOX

2007/06/27[DVD]
\15,960(税込)
バップ
VPBX-12987
DVD購入(Amazon)
【初回生産限定特典ディスク】
■DVD−BOXのみ特典映像を収録!
 ・百鬼夜行抄の人々(出演者・監督インタビュー)
 ・妖魔誕生(CGメイキング)
 ・オールアップ映像
■インナージャケットは今市子先生描き下ろし!
■封入特典:ブックレット
Present
細田よしひこ、酒井彩名のサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、
発送をもって換えさせて頂きます。

その他、開催中のプレゼントはコチラ